CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ねこのてTNRガイドライン?



ども♪
ねこのて 冬支度嫌やな〜な こり である。






家や近所に親猫が仔猫を連れてきて居着いています。
どうしたらいいでしょうか?



という相談が一番多いのじゃなかろうか。
そんな相談のための、
メールの返事など
ガイドライン的な事をメモっておく。


こんな感じで返事をする。


初めまして、ねこのてにいはま 佐々木です。

行政等に連絡・処分ではなく、
この事案を丸投げしない事を前提としてお返事いたします。

始めに、
TNRとは何か説明いたします。

「TNR」とは、
TRAP(トラップ)保護・不妊手術目的で野良猫を捕獲
NEUTER(ニューター) 不妊手術をする事
RELEASE(リリース) 繁殖制限済みの目印をつけて元の場所に放つ事
の略であり、
「TNR活動」とは、のら猫(飼い主不明も含む)を対象に上記の流れを出来るだけ短期で行う事、
また、その流れの中で発生しうる事として、
里親譲渡目的で室内飼育をしつけ、預かり保護をする事です。

上記理解を頂いたところで、
次のように進みます。

母猫(成猫グループ)は、
○さんが保護して里親さんを探すか、
捕まえて不妊手術して元に返すTNRをするかのどちらかになります。

仔猫は、
○さんが保護して里親さんを探すか、
生後 6ヶ月 ほど待ってからTNRをするかのどちらかになります。

保護をすれば、里親さんが見つからない場合、
○さん宅の猫になる覚悟が必要です。
また、
TNRの手術費用も依頼主負担でお願いしています。
病院次第ですが雌猫の場合2万円前後のようです。

選択肢は他にもあるかもしれません。
ねこのてとして協力出来るのは上記です。

もし保護して、
里親さん探しをするのであれば、
ねこのての方針で、
メンバー以外の保護の場合、
里親さんとの交渉は、保護主がする事になっています。
ねこのての譲渡契約書は使用しません。
引き渡しのお手伝いと、交渉のアドバイスはしますので、
○さんと里親さんで交渉お願い致します。

協力させて頂くにも、依頼主さんと意見が合わなければなりません。
里親さんの条件は○さん次第ですが、
ねこのてでの里親さんへの最低限の条件は、避妊去勢と室内飼育ですから、
その条件に合わない場合はお手伝いできません。
また、ねこのてが保護預かりも出来ないことはご了承願います。

猫が居着くには理由があります。
ほとんどの人が置きえさをして、
知らないうちに居着いてしまいます。
一度居着けば、母猫は同じ場所で毎回出産を繰り返します。
猫の妊娠はほぼ100%、妊娠期間は2ヶ月です。
この繁殖力がトラブルの原因になります。
置きえさをしていれば、可能な限り止めていただくようお願いしています。

TNRをするのであれば、
なついて来ない場合、捕獲器で捕獲するしかなさそうですから、
定期的な時間以外の餌付けはせずに、
捕獲しやすい時間帯に給餌するのが良いです。
そして、病院に何月何日と手術の予約を入れて、
前日から当日にかけてご飯抜きで捕獲します。
捕獲方法は相談しましょう。
捕獲器とケージの貸し出しも可能です。

捕獲〜病院〜リリースまでの預かり場所も考えなければなりません。
預かり場所と病院の往復や連絡は依頼主さんにお願いしています。
都合が合えば、ねこのてで病院への連絡や同行をさせて頂くことも出来ます。

捕獲してから病院へ連絡し予約か?
手術の予約をしてからの捕獲か?
病院によって異なります。かかりつけの病院へ
一度事情を相談しておくとよいと思います。
手術前日に捕獲成功するのが理想です。

仕事などでなかなか病院へ連れて行けないとか、
出産間近で緊急を要する場合など、
都合が合えばねこのて(松尾)が代行して病院へ
連れて行く事も出来ます。
その場合、ねこのて(松尾)が利用している病院のみ可能です。
場合によりそのままリリースするまでお預かりも協力します。
ご相談下さい。


ねののてにいはまは、
アニマルシェルターとか保護施設ではありませんし、
各自仕事がある個人のボランティアグループですので、
時間も潤沢な資金もありません。
可能な限りでご協力させて頂いてます。
どうかご理解のほどお願いいたします。

捕獲からリリースまで、
また里親探しのチラシ配布など、
微力ながら相談とお手伝いすることが出来ます。
まずは現場確認からでしょうか?

大変なのは◯さんですし、
猫たちに一番近くよく知っているのも◯さんです。
出来るだけでもいいですし、
当方も出来る限りサポートさせていただきますので、
頑張りましょう。

宜しくお願い致します。

ねこのてにいはま 佐々木


と、
こんな感じである。
他にも、捕獲器の設置場所が私有地なのか、
対象猫が病気なのか、捕まえやすいのかなど、
経験やお互いの意思疎通など、
色々な事があると思う。
出来るだけでも出来ることでも、
一匹でもいいから何とかしましょう!

 
ねこのて お知らせ!
里親さん募集情報


 
人馴れトレーニングちう!?予約は受付中♪
 
里親募集中 保護猫 まろ
 
 
ランランちゃん  トラミちゃん  
里親さん募集中です。




探してます情報

探しています。ヘンリー

 

プードル

探してます ジジ 新須賀
新居浜のジジくん

メインクーン
ノエルちゃん
 
| ねこのて資料・広報 | 17:52 | - | trackbacks(0) | pookmark |
里親さんに譲渡する時の覚え書き



どもども♪
ねこのて 礼服のWがキツイ こり である。

里親さん募集は数あれど、
里親候補さんの信用力を高めるために、
ねこのてにいはま
と団体をたちあげておる。

団体であるからには、
募集・譲渡時における、
ちゃんとした決まりごとが必要である。
で・・
里親さん譲渡時に、出来る限りトラブルを避け、
滞りなく引渡しを行うために、
譲渡条件の他に決まりごとをメモしておく。


ねこのてにいはま版
猫を保護した時・里親さんに譲渡するための覚え書き


保護時・募集前について
ノミ取りは最低条件なのでしておく。
同時に獣医師による簡単な健康診断と性別確認をする。
同時に出来れば虫下しと血液検査はしておく。
(3ヶ月未満の仔猫についても同様)
 
後日にワクチン接種は可能ならしておく。
医療費以外の費用については請求しない。

医療費の件
ノミ取り・虫下し・初診料・ワクチン接種、血液検査のみ里親さん負担でお願いする。
トライアル終了までの他の医療費はねこのてで負担の方針。
トライアル中の医療費発生の可能性について双方の相談要する。
トライアル中譲受者の過失による医療費は請求させていただく。
(過失とは怪我や先住猫の病気が感染するなど)
医療費の受け取りはトライアル期間が終了後に再訪し、証明書類と引き換えに受け取るようにする。

先住猫の件
先住猫の病歴・血液検査の有無・ワクチン接種の有無を確認する。
先住猫が重大な感染症等に罹患してれいれば譲渡をお断りする。
先住猫の血液検査・ワクチン未接種の場合、トライアル中に感染するリスクは受ける。

トライアル前の件
引渡し時は猫が主に住する部屋の環境確認を行う。
アンケート的なものに答えていただく。
(用紙を準備しておくとベター)
契約書を作成し、記入押印をする。
契約書内容によってはトライアル終了後に契約書をお渡しする。
トイレ・ベッド等の貸し出し、トライアル終了時に回収と同時に環境確認を行う事を伝えておく。

譲渡後の件
譲渡後に契約違反等の重大な事案以外は譲受者には干渉しない。



こんな感じである。
今後、加筆修正あるかもです。
赤文字が加筆修正です。
2013.11.12


 
 
ねこのて お知らせ!
里親さん募集情報

里親さん募集中! カイちゃん

 
人馴れトレーニングちう!?予約は受付中♪
 
里親募集中 保護猫 まろ
 
 
ランランちゃん  トラミちゃん  
里親さん募集中です。




探してます情報

探しています。ヘンリー

 

プードル

探してます ジジ 新須賀
新居浜のジジくん

メインクーン
ノエルちゃん


 
| ねこのて資料・広報 | 05:57 | - | trackbacks(0) | pookmark |
飼い主のいない猫対策 補足1
どもども♪
ねこのて 前文ネタ切れ気味?の こり である。
 
以前に記事にした、
補足事項である。
 
 
 
 
地域住民さんへの参考?として、
 
猫が外に居るということは、こんな事もあります
って事を書いておこう。
第4章 補足
 
3 外に猫が居るということ。
住民の中には猫が嫌いな人もアレルギーの人もいます。
 
アレルギーの原因は猫の毛ではなく、
毛につくたんぱく質らしいです。(フケです)
 
家のそばを通るだけで辛い思いをする人も居ます。
 
他人の敷地内に入って糞尿などに悩まされる場合もあります。
 
他人の敷地内に入って花壇などを荒らす場合もあります。
 
猫が他人のペットの鳥や魚を獲ったりすることがあります。
 
我慢している人がいます。
その人たちの事も考えてください。
 
 
4 野良猫に困っている人へ
 
家の敷地に入ってこられないようにする方法を紹介します。
 
  1 ごみの処理を確実にして、荒らされないようにする。
 
  2 網やネットなどでペットや花壇など保護する。
 
  3 水を嫌う猫も多いので、水をまく。
 
  4 市販の猫忌避剤・酢・木酢液を散布する。
 
  5 市販の猫よけグッズを使う。(超音波発生器など)
 
また、プランター設置などの糞尿対策もどうでしょうか?
 
 
近所同士で話し合い等が良いと思います。
 
5 えさやり禁止について
エサやりを禁止する事は、
猫同士の縄張り争い(ケンカやスプレー(尿)行為)や、
ゴミあさりが頻繁になり、
近隣へ移動することで近隣地区の猫問題になるだけです。
問題を近所に押し付けるという事になります。
6 自分の敷地で餌をあげるという事は、
飼っているとみなされると思います。
裁判所の判例検索で「野良猫」を条件に入れて検索して、
2例の判決がありました。
いずれも賠償と餌やりの禁止が出ています。
たった2例ですが、
裁判の公平性ということで、
過去の判例を無視する判決を出すことは出来ないので、
今後このような裁判が起これば、
賠償と餌やりの禁止が出ます。
参考 NPOねこだすけ・新宿区保健所
    飼い主のいない猫対策セミナー資料から一部抜粋
                      本能!?


 
| ねこのて資料・広報 | 18:20 | - | trackbacks(0) | pookmark |
エサやり考
ども♪
ねこのて 涼しくなるなら平日にお願いの こり である。
公園などで、
のら猫にえさをあげているの見たことあるじゃろ?
基本はえさやり禁止!
でも、そんな事、
猫ボラとして見えないふりをせざるをえない。( ̄ー ̄;)
エサやりを禁止する事は、
ゴミあさりが頻繁になり、近隣へ移動することで近隣地区の猫問題になるだけ。
自由に移動できるのら猫が、黙って餓死は選ばないじゃろ。
四方八方に散り密度が低くなるのだが、
猫問題の種を近所に押し付けるという事になる。
だから、
良い方法が無いか模索するのである。
最近は、
のら猫にえさをあげるなら、
1 自分で飼う
2 里親を探す
3 繁殖しないように避妊・去勢手術をする
までの責任を持って接してください。
と行政がお願いする?とゆう流れになっとるでしょ!? ( ゚∀゚)ノ
「のら猫は、広い地域でみれば死んだり他所へ流れたりと一定以上増えない。
環境が良くなれば、そこだけが爆発的に増える。
増えればトラブルになり、場合によっては殺処分行きである。」
(某所所長さんの意見を参考)
避妊・去勢に抵抗がおありか?
動物は子供が欲しくて交尾するのではなく、
本能で交尾すると考えれまいか。
のら猫をずっと監視するわけにもいかない。
人間社会で共存させるためにも、
人間が繁殖を制限させる努力が必要だと思うよ。
そして、
猫は飼ってないけど・・・
 
家にやってくるから餌だけあげる ひとへ
出来れば室内で飼ってくれんかな?
それが出来ないなら、せめて、
置き餌はしない。
避妊・去勢手術をする。TNRね。
置きえさは、
カラスや ( カサカサ・・・¥   ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ) 
そしておよびでない猫ちゃんも居ついてまうぞ!
放っておけば、
狭い地域で沢山の猫に
(ΦωΦ)(ΦωΦ)(ΦωΦ)(ΦωΦ)
(ΦωΦ)(ΦωΦ)(ΦωΦ)(ΦωΦ)
(ΦωΦ)(ΦωΦ)(ΦωΦ)(ΦωΦ) (=゚ω゚)ノニャーン♪   ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
それで困るのは誰?
置き餌をしないことで、
TNRするための捕獲も容易になるぞ。
それが出来たら、
あんたの庭じゃけど、
プランターなどでトイレを設置してやってくれまいか?
プランターに公園にあるような砂と、
対象猫のウンPのそばにあった砂や、
匂いのついた物を入れてやればなお良い。
これは
近所の人のため。
あなたに頼ってくる猫が嫌われないようにするため。
嫌われて保健所などに連れて行かれないようにするため。
被害を受忍限度以下にするための努力なのじゃよ。(たぶんw)
置きえさは、
出来るだけしないようにお願いするに留めておく。(; ̄ω ̄)ゞ
誰が置いたか知らんけど、
公道に・・・
あかんやろ・・orz
カラスがウロウロ、虫がたかっとったぞ・・
| ねこのて資料・広報 | 14:44 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ねこのて規約   
ども♪
ねこのて 結局新しいマウスを買った こり である。
里親譲渡において、
個人間の譲渡よりも、
団体であることのほうが信用力がある。
里親さんからみれば、
また保護主さんからみれば、
未知の第三者じゃない安心感もある・・・と思うw
ねこのては団体である!
これは間違いない!
団体であれば、
やはり、会則(規約)が要るじゃろう!!m9っ`Д´) ビシッ!!
会則(規約)ってなに? 
それはね、
組織や運営についての規則を書面化したもん。
団体にとっては最上位の決まりよ。
活動内容などについてはコチラを参照してくれ!
以下、
「ねこのてにいはま」 団体会則(規約)を記す。
「ねこのてにいはま」会則
第1章 総則
第1条(名称)
この会の名称を 「ねこのてにいはま」 とする。
第2条(略称)
この会の略称を 「ねこのて」 とする。
第3条(所在地) 
この会の所在地を 「愛媛県新居浜市」とする。
第2章 目的および事業 
第4条(目的)
この会は、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術の推進、
里親募集の活動、およびボランティア活動内容の啓発を通して、
地域社会に貢献する事を目的とする。
第5条(活動内容)
この会は、第4条の目的を達成するために、次に掲げる活動を行う。
 (1)飼い主のいない猫の保護・里親譲渡(限定あり
 (2)飼い主のいない猫の捕獲・避妊去勢後のリリース(TNR)
 (3)TNRの説明冊子の製作・配布。
 (4)「地域猫と人との共存」や「犬猫の適正飼養」の啓発活動
 (5)活動資金確保のためのフリーマーケット参加や寄付のお願い。
 (6)犬猫の里親探し、迷い犬猫・その他ペットの捜索情報の掲示
 (7)広報・遺棄防止看板の設置依頼。
 (8)ボランティア活動のノウハウの提供
 (9)動物愛護及び管理に関係する活動の支援と広報
第3章 会員及び役員
第6条(構成)
この会は代表と会員で構成され、役員・理事は置かない。
第7条(入会)
この会の会員は、代表および既存会員全員が承認した者とする。
第8条(退会)
この会の会員は、自由に退会出来る。
第9条(会員資格)
次の各号に該当する者は、会員資格を失う。
  (1) この会の名誉を傷つけ、又はこの会の目的に反する行為をした者
  (2) この会に著しい損害を与えた者
  (3) 代表の退会勧告を受けた者
  (4) その他この会にふさわしくないと会員に判断された者
第10条(解散)
この会は、代表の解散宣言をもって解散となる。
第4章 運営
第11条(会費)
この会の会費は集めないものとする。
第12条 (経費)
この会の運営に要する経費は、寄附金及びその他の収入をもって充てるものとする。
第13条 (予算執行)
この会の予算の執行権限は代表が持つことにする。
第14条 (会議)
この会の運営に関する会議は持たない。
ただし運営に関する事を、その都度代表が調整し協議を召集できる。
第5章 会計
第15条 (会計年度)
この会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
第16条 
解散時の予算は、保護中の犬猫の預かり費用を考慮し、残金は他団体への寄付にする。
第6章 規約の変更
第17条 (会則の制定・変更)
この会の会則は代表の承認を得て制定及び変更するすることができる。
第18条 (細則の制定・変更)
この会則施行のため必要な細則は、代表の承認を得て制定及び変更することができる。
第19条 (補則の制定・変更)
この会則施行のため必要な補足は、代表の承認を得て制定及び変更することができる。
第7章 細則
第20条 (寄附金の扱い)
第12条の寄附金の受取りは、直接面会のうえお礼をもって受取る。
第8章 補則
第21条  
第12条および第20条の補足 
この会は、少ない人数で出来る範囲の小さな活動をするため
寄付、支援物資等は面会して直接お礼を申し上げ、大切に使う事。
    
第22条  
第5条(9)項の管理に関する事案について、支援・広報が出来ない事案は、
これをを拒否できる。
第23条  
会員は、この会の活動によって、会員自身の生活に不都合が生じないようにしなければならない。
(附則)
1 この規約は平成25年4月1日より施行する
運営をスムースに出来るように、
代表の権限集中と
結構曖昧な記述にしております。
寄附金等の受取りは、直接代表が伺って、
面会することにしています。
面会して対話する必要があると思うからです。
ねこのてにいはまは、
猫の好きな人が、公園に捨てられた飼い主のいない猫を見て、
「一匹でもいいから何とかしてあげたい」
そんな気持ちから始まった人たちです。
ご理解とご協力をお願い致します。
| ねこのて資料・広報 | 11:22 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ねこのて版 飼い主のいない猫対策考  
 


ども〜♪

ねこのて そろそろまた潜りたい こり である。



まず、お断りしておく。

ねこのてにいはまの活動は、地域猫活動ではない。

地域猫にもなれないもしかして地域猫?みたいな活動であるw


地域猫活動ってのは、「地域の人がボランティア」になってやるんであって、

「猫ボランティア」がやるのではない。

「猫ボランティア」の活動は多方面にわたる事があるから、

一地域に縛られると活動できなくなる可能性もある。

または、一地域でいっぱい一杯の状態である事も。

そんな事から、「猫ボランティア」がやるのはサポート等限られるのよ…



(`д´)y-〜


また、一般の人々は、猫の保護活動やそれに類するノウハウ等が無いのが当たり前である。

我々ボランティアは、その内容を一般の人々に知ってもらいたく広報し、理解と協力を求めている。

と思う(;´∀`)

猫嫌いさん無関心さんも多数なのだから、

愛護活動を前面に押し出すのではなく、

猫を排除していくのではなく、

管理のされていない猫を減らしていくのを目的としている事を周知し、

被害の受忍限度を超えないように、

ボランティアは、努力・勉強・活動している事を理解してもらいたい。

そして、丸投げなどせずに、出来れば協力して、理解し見守って頂けると大変ありがたいのである。


( ´・ω・`)_且~~


さて、前置きが長くなったが・・(; ̄ω ̄)ゞ






この記事は、ねこのての活動内容とは違うので注意である。







ねこのて(2013年6月現在) 飼い主のいない猫対策についての考え の案を以下に記す。


弟1章 目的

1 飼い主のいない猫とは
人に管理されていない猫の他、地域住民に管理されている猫、屋外を自由に行動している飼い主の不明の猫も含む。

2 猫による被害や問題とは

飼い主のいない猫(適正飼育が出来ていない猫を含む)が、外を自由に行動する事により、以下に示すような、身体や財産、環境の侵害を及ぼす。
  1 糞尿による被害
  2 いたずら(花壇を荒らす・車が傷つくなど・・)
  3 発情期の猫の鳴き声
  4 置きエサなどで街が汚れる
  5 アレルギーや感染症
  6 ゴミ場を荒らす 
  7 猫の増加に伴い、猫保護者と被害者の対立(トラブル)が表面化する。
上記問題は環境問題の一環として考える。

飼い主のいない猫対策は、動物の愛護と管理に関する法律第2条の基本原則に則り、
上記の問題を解決、または受忍限度を越えないように減らすための試みである。  


第2章 定義

1 「飼い主のいない猫対策」と「地域猫活動」の違い。
「飼い主のいない猫対策」は上記第1章の目的を達するための事として捉え、
「地域猫活動」は、地域住民が中心となって、行政とボランティアのサポートの元で、
飼い主のいない猫を、地域住民がボランティアとなって管理するものと考える。

2 TNRとは?
飼い主のいない猫に対して、避妊・去勢手術及びさくらみみ(耳先V字カット)を施して、元の場所に戻す、
または状況により、新しい飼い主を探す事。
TNRは地域猫活動ではなく、地域猫活動の流れのひとつであり、
飼い主のいない猫の対策のひとつである。

3 人が管理すると言う事
地域の猫の生存数の把握、正しい給餌・トイレ場所の設置と維持管理、
近所トラブルの交渉・談判等の義務が発生する。
また、猫の習性を理解し、ある程度の受忍限度を持ってもらう必要がある。


第3章 対策等

1 対策は?
適正飼養の広報やTNRをして数を減らしていけば、野良猫問題や殺処分数も減る。
一代限りで飼い主の居ない猫は居なくなる。
TNRが増えるということは、周囲に広報・周知出来る手段の一つである。

飼い主のいない猫のほとんどは、寿命が極めて短いため、
TNRをすると同時に、飼い猫の適正飼育も普及すれば繁殖出来なくなって次第に減少し、
人に管理されない飼い主のいない猫がいなくなることが理想的である。

飼い主不明(適正飼育が出来ていない)の猫については観察の必要があるが、
飼い主の有無の線引きが難しく、各ボランティア団体・地域住民の判断に委ねられる。
その為に地域猫やTNR、適正飼養の広報が広がる必要がある。






2 地域猫活動について

地域住民とボランティアと行政の3者が協働していないと、
地域猫活動とは言わない。

猫が増えてしまうと、近所トラブルまで巻き込んでしまうことがある。
住民(個人)とボランティアの2者間で解決が難しくなり、
範囲が広がると地域猫活動が必要になり、
個人ボランティアでは対応できなくなる。

地域猫活動は、地域住民主導で、行政や自治会とボランティアとの3者が協働しないと、
各方面への丸投げや、3者間の活動・コミュニケーション・費用対策等上手くいかなくなり、
失敗する。

地域猫活動の中心は地域の人であり、行政・自治会は窓口や場所の提供を行う。
行政・自治会が取り組む主な事は以下のとおりである。

  苦情のほとんどが、行政や自治会に集まるので、問題を把握する。
  話し合いの場の提供やボランティアとの連絡調整。
  当事者間の情報交換・課題整理・実施に向けた組織作りの支援。
  行政・自治会による概要の広報や周知の支援。

地域猫活動の中心は地域の人であり、ボランティアはノウハウの提供を行う。
ここで言うノウハウの提供とは以下のとおりである。
  
  捕獲の仕方(捕獲器の貸し出し)
  病院の紹介(動物病院は宣伝が出来ないため)
  給餌やトイレの設置の仕方
  TNRの流れや地域猫について説明
  

3 地域の管理について
地域住民(賛成反対?派含めた全員)は
第1章2項で記した事が、被害者の受忍限度を越えないよう、飼い主のいない猫を管理し、
出来る限りの対策が望まれる。
 1 糞尿の被害 トイレの設置と管理
 2 いたずら   猫の習性の周知と対策
 3 泣き声    避妊・去勢によりかなり抑えられる(確実ではない)
 4 置きえさ   餌場の設置と管理
 5 身体的    正しい知識の周知
 6 ゴミ      ゴミ出しの管理 悪いのは猫ではなく人間です。
 7 増加     避妊・去勢と遺棄の監視


4 資金
資金面の問題があり、人の説得と同等大変な事である。
ボランティアの財政事情は厳しく、費用の捻出が難しい。
地域住民の組織を立ち上げ、住民理解のうえ寄付を募るとか、
確保方法を考えなければならない



5 反対派さん?へ

飼育するために管理をするのではなく、減らしてゼロに近づけていくために管理をする事を理解して頂く。

管理をするということは、第2章3項のように責任を負うという事。

他のテリトリーから流れてきたり、遺棄(捨て猫は地域猫をしてなくてもある)のリスクもあって、
外に猫がいるかぎり、100パーセント人間の目が行き届くことは無理な事から、
トラブルや猫の生息数がゼロになる事は無いということ。

生息数が減少すれば、トラブルの対処がしやすくなる。

管理する事と合わせて、捕獲してTNRするためにも餌場やトイレが必要。

今まで増えるまでは我慢してたのだから、あるいは対策が分からなかった等である。
その事を踏まえて、管理することに協力して頂く。(第2章3項)

また、曖昧ではあるが、ある程度の受忍限度が必要である事を理解して頂く。

地域猫が頓挫した時、
飼い主のいない猫によって身体や財産、環境の侵害があり、
被害者による行政の引き取り依頼や業者への駆除依頼は、
動物愛護管理法(略称)に則っているもので、
ボランティアは強制的に阻止できない。
ボランティアは動物愛護が基本だから、
対立の図式が出来上がるが、双方出来るだけ穏便な交渉が必要。


第4章 補足
1 飼い主のいない猫対策と動物愛護(人との共存)
飼い主のいない猫対策は、猫の愛護問題ではなく、
地域で起こる野良猫問題を、地域の住民を巻き込む環境問題としてとらえ、
複数年の時間を費やして野良猫の数を徐々に減らし、、
当面は、これ以上増やさない、エサやりによる迷惑を防止するなどの目的としている。

2 利点かも?
地域住民が管理することで、自治会・地域のコミュニケーション活動が活発になり、
賛成反対派含めた全員の、犬猫の適正飼養や管理の方法が周知される。
地域猫活動は、動物愛護の基本を守り、同時に地域の問題を解決を目指していくための試みである。



参考資料 新宿区保健所・NPOねこだすけの地域猫セミナー資料
       環境省 住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン
       東京都 飼い主のいない猫との共生モデルプラン





注 本文と写真の場所は関係がありません








地域猫活動については、ねこのても日々勉強中です。
東京都の例が、新居浜市にそのまま適用できるとは思いません。
新居浜市なりの方法もあるかもしれません。

至らない所も、未熟な所も多々あると思いますが、ご理解のほどを宜しくお願い致します。
愛媛県ではまだ地域猫活動は始まっていません。(2013年3月現在)

また、今後の活動次第で、この記事の補足削除等もございます。
その場合赤字記入します。
ご了承くださいませ。




| ねこのて資料・広報 | 20:12 | - | trackbacks(0) | pookmark |
TNRについての補足1 
 


ども♪
ねこのて 犬を撫でたいけど我慢した こり である。

結構前?であるが、

(部分修正しました。)

今日は、

この記事の「問題点」について、

加筆する事にした。


・リリースする事について

捕獲する理由については、
猫の本能による繁殖を人間がコントロールするのが目的であり、
生息数を減らしていく、増えないようにすることが目的である。
猫の繁殖力についてはコチラのブログをどうぞ(宣伝w)

「何故元に戻す?」他、再遺棄の指摘などがあるが、

捕獲後の選択肢は以下の通りになる。

1 保健所・市・動物愛護センターへの持ち込み
持ち込まれた猫は、殺処分される。
安楽死ではなく窒息死である。
猫ボランティアの活動の基本が動物愛護であり、
猫ボランティアがその選択肢を選ぶことはない。

2 里親譲渡目的として保護する。
飼い主不明の猫の所有者探しも同様。
保護者の確保が難しい。
絶対に里親が見つかるかといえば、そうではなく、
見つからず保護主が抱え込むことになる。
一部の保護主に保護が集中する事もあり、
結果、多頭飼育へと繋がり、生活の破綻の可能性がある。
譲渡は、猫の年齢が経つほどに難しくなる。

3 他の場所に放つ。
愛護と管理に関する法律で罰則規定がある。
この選択肢も無い。

4 TNRをする。
捕獲し、繁殖制限の手術を施し、元いた場所に放つ。
増やさないために、現時点で実行可能性が高い。
費用は基本的に依頼主負担。
公共の場ではボランティアが自己負担の場合もある。


再遺棄の指摘について、
他の場所に放すことは、法律で禁じられており、
里親譲渡目的の預かり保護が出来なければ、
元いた場所に放す事しか出来ない。
のら猫は人間が自主占有するという発想がなく、
占有することを明確にしないと占有権の発生がないと考え、
再遺棄が摘要されないと考える。

最後に・・
今まで、のら猫や外に猫がいる事が普通だったと思う。
室内飼育とTNRと猫の繁殖力について、
市民一般に認知されるようになれば増えることなく、
また、持ち込まれて殺処分される数も減ると思う。

のら猫による糞尿の被害などの各問題は、
生息数の減少で、個人の対策可能と考える。
のら猫の行動他、人間が完全に把握するのは無理なため、
生息数の減少を目標にする事になる。


ねこのてにいはまは、
猫の好きな人が、公園に捨てられた飼い主のいない猫を見て、
「一匹でもいいから何とかしてあげたい」
そんな気持ちから始まった人たちです。
ご理解とご協力をお願い致します。

なっちゃん里親募集中




| ねこのて資料・広報 | 17:48 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ねこのて版 「TNR」についての考え
どもども♪
ねこのて 報道官(自称)のこり である。
ねこのてにいはま の「TNR」についての考えを以下に記しておく。
1 TNRについて
「TNR」とは、
TRAP(トラップ)   保護・不妊手術目的で野良猫を捕獲
                  ↓
NEUTER(ニューター) 不妊手術をする事
                  ↓
RELEASE(リリース) 繁殖制限済みの目印をつけて元の場所に放つ事
の略であり、
「TNR活動」とは、上記の流れを出来るだけ短期で行う事、
また、その流れの中で発生しうる事として、
里親譲渡目的で室内飼育をしつけ、預かり保護をする事。
2 繁殖制限済みの目印について
繁殖制限済みの目印は、さくらみみカット
(さくらの花びらのように耳先をV字型カット)
であり、おすは右耳、めすは左耳に施す。
状況によっては左右逆だったり(耳が無い場合もあるので)、
耳ピアス・刺青なども否定できず、
費用・獣医の設備や方針等に左右されることもある。
目印が有る事により、人猫共に再捕獲のストレスや不必要な
手術・麻酔リスクを避けることが出来る。
3 上記2や不妊施術についての考え
不妊手術やさくらみみ(耳先V字カット)が、
「かわいそう」「残酷」「人道的でない」等の意見も理解できる。
さくらみみ(耳先V字カット)も耳イレズミも長所短所あり、
さくらみみ(耳先V字カット)が即実現可能かつ手術の有無が
判別しやすい方法である。
不妊手術をする事は、猫の本能による生態の循環を人が治め、
避妊・去勢手術をして増やさないようにし、飼い主のいない猫や、
外飼い猫・飼い主不明(適正飼育が出来ていない)の猫によって、
起こるであろうトラブルを減らしていくための「試み」であり、
人と共生できるようにする事である。
4 問題点
・捕獲時における飼い主不明の猫の対処について
所有権が判る措置(名札・首輪など)も、
不妊去勢手術もせずに放し飼いにすることは、
飼い主としての責任を怠っていることに他ならず、文句は言えない。
ただ、このような理由で強引に進めていくわけにはいかないので、
飼い主がいるかもしれないと思われる時は、
ボランティアだけで捕獲するのではなく、広報や猫好き猫嫌いの
どちらも含めた地域住民との共同作業として捕獲していくのが望ましい。
捕獲日や日数・対象を写真付き書面で告知し、
住民の目の届くように捕獲をすれば、
間違った捕獲のリスクを減らすことができる。
・遺棄が増えるリスク
遺棄が増えるリスクよりも、繁殖による増加を抑えることが重要。
出来れば警察署や交番・関係機関等に年一度報告書を提出し、
TNR活動をしている事をお知らせして、
監視されていることを広く周知する、または周知してもらう。
サビちゃん、元気かな?
※ねこのてでは、良くないイメージを和らげるために、
耳先V字カットの呼び方を、「さくらみみ」と変更していきます。
※上記の各項目は、今後の活動により修正・加筆する可能性があり、
その都度お知らせしますので、ご理解お願い致します。
赤字記入します。
TNRについての補足1 2013・06.23 追加しました。
さくらみみ(耳先カット)の場所 2015・06・22 修正しました。


さくらみみ(耳先V字カット)も避妊・去勢手術も
猫から見れば残酷な事です。
でも、放っておけば、飼い主のいないねこは増え、
よけいに辛くなると思います。
ねこのては、現在時点(2013年3月)でベストな方法、
TNR(含むさくらみみカット)が良いと信じて、
なおかつ正解は無いと思い、
正解は今後の歴史が教えてくれると信じて、
少しでも飼い主のいない猫を減らしたいと思いながら活動しています。
参考
環境省       犬猫の適正飼養ガイドライン
NPOねこだすけ  会報および飼い主のいない猫対策セミナー資料
公益財団法人 どうぶつ基金
| ねこのて資料・広報 | 14:54 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ねこのて版 猫の警戒レベル


ども♪
ねこのて 散髪してスッキリのこり である。


キキひめトレーニングで、
改訂する必要があると判った!(`・ω・´)

 
警戒レベルについては、
ワシの独断と偏見で作成した。
文句は受け付けないw


1 堕落 近寄ろうが触ろうが弄ろうが、お好きにどうぞ。
      ・・毒気が抜けた完全なイエネコ。
2 安堵 平常時に撫で撫でや抱き上げが可能になる。
            ・・このへんで慣れたイエネコ。
3 普通 本猫から近づいてくる。人間が平気になる。
      撫で撫では可能も抱き上げはまだ無理。
      ・・慣れないイエネコ。
4 注意 触れるが、ほとんどは近づくと逃げる。
            ・・家庭内ノラネコ。慣れたノラネコ。
                                                  洗濯ネット見たときw 
5 困惑 触れず、ある程度の距離を保つ。
      ・・慣れないノラネコ。また病院行く前の時とか(; ̄ω ̄)ゞ
6 警戒 姿が見えないが、実は家政婦さんは見た!状態である。
            ・・引きこもる猫。
7 恐怖 威嚇・爪武器をいつでも使用できる。
            ・・捕獲後のにゃんとか。

2013年3月15日改訂

今後も追加・変更があるかも。
いつの間に変わった!等の文句も受け付けない!w





| ねこのて資料・広報 | 23:48 | - | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |