CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
とうとう怒った? うさぎ達

 

うちは昨年にポンポンが居なくなってからねずみが

出るようになりました。

うさぎ小屋の餌のストックは全て噛み破られ移動しても、

うさぎ達の餌入れから餌を食べている様子。

うさぎがデリケートなのでねずみの駆除法にも頭を悩ませてました。

うさぎ達が大好きなナッツバーなど、うさぎ達に与えてた物まで

高い場所へ運び食べてる様子。

そんな日々が続いてたある日、

ついに、ある朝うさぎ小屋へ行くと成敗されたねずみが

餌入れに入れられていた・・・。

子猫より大きい。多分400g位あるねずみ。

この子達の部屋の餌入れに入れられていたけど、

 

この子達の部屋に血のりがべったり付いていて、

 

ペーターの部屋の水入れも血が付着していた。

 

3つの部屋を出入りし

普段は仲の悪い6羽が今回は協力した様子。

 

よく見ると脇腹を酷く噛まれ、その後に脚先も噛まれていた。

どうやらこの1匹だったのか

これ以来ねずみの気配はなくなった。

 

猫達の餌をストックしたり、一時保護に使っている部屋も

ねずみの被害に困ってました。

粘着シートは使いたくなく、毒餌を置いても全く食べない。

色々試して買った物の中に

「猫の臭い付き」っていうのがあり、

うち、こんなに猫がいて、猫臭ハンパないのに

わざわざ猫の臭いを買う?って思い、

我が家の猫にマーキングされ、臭いオシッコ臭のする

トイレシートを屋根裏へ放り込んでやった!

 

そしたら、その日から全くねずみの気配がなくなった!

 

今までねずみ駆除にかけた費用はなんだったんだろう・・・。

どれも効果なかったのに。

 

とりあえず、今のところねずみは出なくなりました。

 

うさぎ達に感謝です。

 

 

 

| うさぎのこと | 06:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うさぎ達元気です

 

夏の暑さを一番気をつけなくてはいけないうさぎ達

 

うさぎはデリケートな生き物ですぐに体調を崩します。

とても臆病で、小屋のトイレの位置や干草の置き場を

少し変えただけでも、異変を感じて落ち着きがなくなります。

寂しいから死ぬなんて事はありませんが、

手をかけなければ死にます。(どの生き物もですが)

 

うちは先月に庭の運動場に寒冷シートを屋根に張る作業を

終えました。

先日友人が勤める動物病院でも、室内飼育のウサギが

熱中症で運ばれて来た時には息絶えてたそうです。

ウサギの適温環境は25℃

気をつけなくては!

 

毎日掃除が大変なうさぎ部屋

この部屋が3つあり

3箇所を毎日掃除。仲が悪いので別室です(涙)

 

にゃんこママ

猫ボラTさん

K中さん

トラミ&ランランママ

他沢山の方にうさぎへも差し入れ野菜下さってます。

ありがとうございます。

 

夏場は生野菜はストックできないので

夏場は大丈夫です。

毎日何とかスーパーに通ってます。

 

フィグはうちへ来てから8年目。

うさぎの寿命も伸びているそうだし長生きして欲しいです。

 

 

| うさぎのこと | 05:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うさぎのナッツ

 

2014年9月6日うちに来る事になったウサギのナッツ

2015年7月22日虹の橋を渡るまでの日々の事

色々複雑な気持ちの整理がつかなかった。

 

ナッツとの出会いからまとめてみました。

 

ナッツの事を知ったのは金ちゃんママからの連絡でした。

この頃、滝の宮公園ではようやくウサギの去勢か行われていた。

しかし、術後3ヶ月は個別に保管という担当獣医師の指導で

術後のオスは運動も出来ない小さなケージに入れられ過ごしていた。

隔離期間を過ぎたウサギが本来のウサギ小屋に徐々に

戻され始めた頃、全く後脚が動けないウサギが小屋に居た。

多分、飼育員に落とされ骨折か脊髄損傷してたのだと思うけど

そのウサギはその後見る事はなかった。死んだのだろう。

そしてまた翌日も別の後脚を引きずっているウサギかいた。

この子も恐らく飼育員の不注意により落下し下半身を損傷したと

思われる。行政に伝え、見に行くとと多数いる小屋から隔離され

また小さなケージに戻されていた。

この頃、ウサギは怪我や病気をしても何の処置もしてもらえず

死を待つだけの対応しか市は行っていなかった。

何羽も怪我や病気で死んで行くウサギを見てきた。

 

私が初めて滝の宮公園でナッツを見た時の様子。

 

ぐったりしていて呼吸も荒い。

ここにいても死を待つだけ。

この子を譲渡してもらう事にした。

公園に散歩に来ていた男性は

「このウサギは連れて帰っても駄目だろう」って私に言った。

先日に脚が動けないウサギが小屋からいなくなった事を繰り返したくないし

早く病院へ連れて行きたかった。

 

レントゲンを撮るとやはり骨折していた。

腰から曲がってしまっている。

脊髄まではレントゲンではわからないけど

恐らく脊髄も損傷している可能性あり。

うちで歩かせるけど全く動けない。

ずっと汚物が垂れ流し状態で皮膚まで炎症起こしている。

とりあえずお風呂に入れて綺麗にした。

動けないけど毎日庭に出して過ごさせる。

引きずりながら移動。

連れて帰った当初は痛みからか餌をあまり食べなかった

けど段々食欲も出てくる。

 

そんなある日、下半身は相変わらず爛れ、

ウジ虫が湧いている。すぐにまた病院へ行き

その晩、全てのウジ虫を取り切り、下半身を全て毛を刈る。

皮膚が爛れて痛そう。

外に出すと下半身に付着した汚物にハエが寄るので

ナッツはこの日から完全室内飼いとなる。

 

 

毎日仕事から帰ってきて最初にする事は

ナッツのお風呂。どんなに忙しくてもナッツを

1日でもお風呂に入れなければすぐに下半身が爛れてしまう。

ウサギだからオムツも出来ない。

お風呂に入れた後はドライヤーで完全に乾かさなければまた

皮膚炎を起こすから毎日時間かかかった。

皮膚の調子が悪い時はイソジンを数滴入れた洗面器で薬浴。

ナッツは毎日下半身浴を気持ち良さそうに入ってた。

 

12月に癲癇が起きる。それからますます脚が動けなくなる。

松山のウサギに詳しい病院へ連れて行く。

手術は出来ない。対処療法しかない事を再確認。

 

それから、血尿、腎不全など日々目が離せないけど

何とか過ごす。

外が大好きだったけど、外に出れないナッツのために

草を沢山入れると喜んではしゃいでいた。

 

ナッツに手がかかり過ぎていたけど

手がかかる子程可愛いのは本当で

この頃はナッツが可愛くて仕方なかった。

 

しかし梅雨頃からナッツの容態はまた悪くなり

毎日病院通いになる。

下半身不随で腎不全を併発し、相変わらず血尿。

餌を食べない日が続く。

動物が餌を食べないのはとても辛い。

どんな好物を与えても食べてくれない。

そんな日が2週間あまり続く。

もう小屋からもあまり出てこなくなる。

 

もう駄目だと何度も思って復活してくれるのを繰り返してた

けど今回はもう駄目だろうと思ってた日、

保護猫のトライアルに市外へ行かなくてはいけなくなった。

本当はずっと側にいたかったのに家を出る。

最後に見たナッツ。

いつものように小屋からこっちを見てる。

 

帰って来た時には息を引き取っていた。

 

もうこんな後悔はしたくないと思った。

ナッツの側に居たかった。

ナッツと過ごした10ヶ月はとても手がかかって大変だったけど

ウサギと驚く位に意思疎通が出来た。

顔を見ただけで機嫌がわかるし、ナッツはとても利口なウサギだった。

 

 

金ちゃんママより

 

結果的にはナッツを救えたのかどうかは分からないけど

精一杯の事をナッツに出来たのは私だけの力ではなく

金ちゃんママよりアドバイス、薬、医療の支援や

物資支援があったおかげです。

 

動物はどんな境遇に置かれても受け入れ必死で生きようとする。

ナッツから教えられた事は沢山あった。

ありがとう。ナッツ。

今度生まれ変わったら思い切り外を走り回ってね。

 

 

 

 

 

 

| うさぎのこと | 10:31 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うさぎ達の近況

 

冬になり、いつもの畑には太陽が差す時間が少ないので

庭に運動場を引越ししてきました。

 

バンビ

 

紅一点のフィグ

うちへ来てから7年目

来た時から脚が悪かったのが今は悪化してますが

何とか動いたり走ったりできています。

 

うちの子達は雑種ですが

もともと小さなウサギなのに全員肥満で丸々してます。

甘いものが大好きでフルーツ(特にリンゴ)を食べてる

姿が可愛くて与えてしまいます。

 

夜の暗い時に庭に設置したこのサークルに

人が引っかかりぶつかった話を田坂さんにしてたら

一番にぶつかった人ではなくてウサギの心配をしてくれました(笑)

ウサギ達は夜は部屋に帰るので居なかった。と話すと

安心してたのが笑えました。

なので角にその日たまたまバザー品で頂いた反射板を着けました。

 

ウサギ達へ頂きました。

多頭現場、TNR現場へ

 

バザー品

田坂さんより全て頂きました。

いつもありがとうございます。

 

ウサギ達元気で過ごしています。

 

 

 

| うさぎのこと | 06:12 | - | trackbacks(0) | pookmark |
べジ 安らかに

 

7月3日

譲渡会にいる時に夫からべジの訃報の連絡が入った。

 

左がべジ

 

朝、いつものように運動場に出して家を出てました。

べジはうちへ来てすぐ位からスナッフルを患い

通院もしてたけど完治せず、最近は金ちゃんママから

頂いた薬、塩化リゾチームを投薬していました。

もっと手をかけて見てあげていればと悔やみます。

前日まで餌を食べていたので油断していました。

子うさぎが来た時も優しく接してたべジ

 

うちへ来てべジは幸せだったのかな?

 

 

大好きだったとうもろこしと

みるくをべジの懐に入れて赤ちゃんみるくを

べジおじさんにお願いし、一緒に埋葬しました。

 

 

べジの病気にも金ちゃんママには多くのアドバイス

薬など頂き大変お世話になり感謝しています。

ありがとうございました。

 

べジ、みるく 安らかに。

 

 

| うさぎのこと | 23:13 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うさぎ達

昼間の天気の良い日は外で過ごします。

雪がまだ残っている運動場
ペータは現在1羽部屋にいます。
昨年夏から他の子と仲良く出来なくなり
腹部や腕を数箇所噛まれて大怪我をし、
最近ようやく完治しました。


バンビとすいか

兄弟で他の子達より一回り大きいので
2羽で暮らしています。


夜は個々の部屋でペレット、干草 エンムギ
生野菜、果物、おやつ、落ち葉 など食べています。

うさぎもしつければトイレをちゃんと覚えます。
今では100%トイレでできます。
うちのねこよりお利口です。

現在7羽のうさぎ達
可愛い子達です。

 
| うさぎのこと | 23:01 | - | trackbacks(0) | pookmark |
寒い日

うさぎ団子ができます。

うちは猫はみんな仲が悪いのでくっつく事がない。

でもこの子達も喧嘩はしょっちゅうで
7羽いる我が家のうさぎは部屋が3つに分かれてます。
部屋が3つあるという事は3回同じ作業を繰り返さなければならず
毎日うさぎの世話だけでもかなりの時間がかかります。
大部屋でみんなで過ごして欲しいのに
喧嘩が絶えません(涙)
うさぎもなかなか難しい。


 
| うさぎのこと | 11:12 | - | trackbacks(0) | pookmark |
滝の宮のうさぎ達


うさぎ達は干草が大好き
網の隙間から強引に入れる


よく食べる


スーパーの廃棄野菜だけしか与えてもらえない。
廃棄野菜の中には真っ黒な腐ったシイタケなども
入れられてるけど、ここのうさぎは常に飢えている?のか
何でも食べてるところが見てて胸が痛い。

また干草持って行くからね〜



 
| うさぎのこと | 01:56 | - | trackbacks(0) | pookmark |
滝の宮のうさぎ達

時々しか行けてませんが
行った時には干草を入れてます。

みんな大喜びで寄ってきます。

うさぎが干草を食べているのを見るのが
大好きです。


この画像は年明けのまだ寒い頃に行った時です。

滝の宮公園のうさぎ達
餌はスーパーで廃棄される腐敗しかけた野菜のみ。
栄養管理もできてないからか
生死のサイクルが極端に早い。
餌だけの問題ではなく根本的な事から改善して欲しい。
モルモットも同じ。

本来のうさぎ、モルモットの寿命を全うしている個体など
まずいない。
この子達は管理者に命を託しているのだから
無知や間違った飼育は虐待とも言えると思います。
公共の場で行政が管理している動物なら
市民の模範的になるような飼育を願いたいですね。
幸せに暮らしているうさぎやモルモットを見れる日を願っています。


かなり前ですが
今はあにまる365の代表として忙しく
過ごしているめろまいむさんが
滝の宮公園のうさぎ達に沢山のアルファルファと
チモシーのキューブを送ってくれました。
(画像もかなり前の物です)
ありがとうございました。

またうさぎ達、モルモット達の近況も
時々報告します。



 
| うさぎのこと | 07:12 | - | trackbacks(0) | pookmark |
我が家のうさぎ達

この子達がうちへ来て1年になりました。


左から
 プラムすいか、バンビ、ペーター

この子達と同時にうちへ来たサトは穴兎家のべジとフィグと
暮らしています。
サトがうちへ来た当時、体中傷だらけでした。
体はボコボコで病院で見てもらうと傷から化膿して
体内で膿んでしまい小さな体全体が
ブドウのようにデコボコに膿み痛々しくなっていました。
最悪は手術でしたが幸い毎日の注射で徐々に小さくなり完治しました。
犯人は・・・
右から2番目のバンビです。
超悪ガキでジャイアンタイプ。
小さなケージに4羽を入れっぱなしで飼育されていた為
ストレスもあり、弱い固体が攻撃され
一番小さかったサトはいつも標的にされていたようでした。
逃げる事も出来ずにいたようでした。
(プラムは一足先にうちへ来ていました。)
なのでサトだけは先住穴兎家と暮らす事になりました。

全員オスだったので5羽まとめて去勢手術へ連れて行きました。
病院の待合室で知り合った人に
「うさぎのブリーダー?」って聞かれ
ツボにはまりました。うさぎ5羽連れて来てる人も珍しいけど
どこからどう見てもペットショップに売られているような
うさぎではないから(笑)
目も小さくつぶらで客観的に見るとお世辞にも可愛いとは・・・
私にとってはみんな超可愛いんですけどね。


うちには現在8羽います。



オスだけだからか昔ほど穴を掘らなくなりました。
でも春先はどの子も頑張って掘ってます。


オオバコが大好物


天気の良い日は運動場で過ごしています。



イッド君のママより


あらいパパより

にんじん大好き ありがとうございます。



 
| うさぎのこと | 07:58 | - | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>