CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
空き家の解体現場から乳飲み子6匹

 

9月22日に保護

全部で6匹

 

解体業者が空き家を解体していたら家の中に居たらしい。

ユンボで解体していたので母猫は恐怖で逃げてしまい

まだ目が開いてない赤ちゃんだけが残されてしまった。

 

業者の人の話では、よくある話らしい。

母猫が銜えて子猫を移動させる事も今までに何度かあったらしい。

この現場のお母さんはいつまで経っても戻って来ない様子。

とうとう家もなくなり、新地になる。

 

この藁の中で子育てしていた。

藁の中にいたからか、みんな綺麗で汚れてなかった。

 

仕方なく6匹を連れて帰るけど

6匹にお乳と排泄の世話は

まだ乳飲み子3匹を抱えているので合計9匹になり

他にも子猫がいるから計30近い猫の世話とウサギ6羽。

そのうち容態が悪く病院通いがタマ子、しげちゃん、

子猫の下痢、真菌など・・・。

で、仕事。

職場に乳飲み子連れては行ってるけど9匹キャリー数個を

抱えては仕事にもならない(涙)

 

無理でしょ。

やるしかない。とやり続けてきたけどこれはさすがに

寝ないで動いても時間が足りないし、

今いる子達を犠牲にしてしまう。

 

本当の母に戻って来てもらうしかない。

捕獲器を置いて母猫が戻るのを待ってますが

家もなくなり警戒してるのかまだ戻って来ないけど待ってます。

 

生後1週間前後かな。

乳母では力不足です(涙)

お母さんんも安心できる部屋を用意しています。

本当のお母さん、帰って来て下さい。

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 06:03 | - | trackbacks(0) | pookmark |
子猫保護

 

今日高速道路の側道に遺棄されている子猫を発見、保護。

雨の中、茂みの中で濡れて鳴いていた。

 

ノミはついてなかったけど子猫の頭に

赤い口紅が付着していた。

見た時に怪我をしていると思って慌てたけど

洗ったら落ちた。犯人は女の可能性大。

こんな雨で台風が来るのを知りながら捨てる。

明らかに飼い猫が産んだ子猫。

とても人馴れしている。

なんで避妊手術をしないんだろう。

こんな事をして心が痛まないのか。

多分常習犯。

 

女の子

(後方に私が脱ぎ散らかした靴下が写ってた)

男の子

 

女の子

 

見つけるのが数時間遅れたら死んでいたと思う。

とりあえずミルクを飲んで安心できる温かい寝床で

寝るまでは与える事が出来たけど

これからが大変。

一生の幸せを与えなくてはいけないプレッシャーが痛い。

2週間後に里親募集開始します。

 

 

| ボランティア活動 | 22:05 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ココちゃん、夕ちゃん、ぎんちゃん、里親さん決まりました。

 

ココちゃん

 

ココちゃんの子供

ユウちゃん

 

ぎんちゃん

 

以前からご協力してくださっているHさん

家の庭にやってきたココちゃん親子、

迷い猫のぎんちゃんの里親探しを1ヶ月前から始め

3頭を安心できる里親さんへ繋げる事が出来ました。

 

子猫で溢れているこの時期に成猫が決まるのも難しいけど

諦めずに出来る全ての努力をした結果です。

里親探しは、知り合いに声をかける程度で簡単に決まる程

たやすい事ではありません。

どれだけ労力を使い努力をするか、です。

ほとんどの人は知り合いに声かけする程度で、自身で動かず人任せです。

「そこまでは出来ない」で終わります。

私は1年のほとんどの日曜日は終日里親譲渡会に居ます。

自分の事など後回しで優先します。

それでも里親さんが決まらない子を沢山抱えています。

譲渡会へは保護猫を連れて毎週通っている人も沢山います。

みんな多少の無理をしながらも頑張っています。

 

Hさんは最初からポスターの作成

広範囲へ掲示

里親希望者さんへの条件など

迅速に行動に移してました。

 

里親探しは大変ですが、どれだけやったかで

結果に繋がります。

里親探しをする時は、幸せに繋げるために覚悟して頑張って下さい。

 

うちの子猫達へ頂きました。

ありがとうございました。

 

 

| ボランティア活動 | 05:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
次から次に起こる子猫の容態悪化

8月3日にうちへ来た8匹の衰弱した小さな子猫

この日から更に激動の日々となりました。

原因不明の下痢(全員)

嘔吐

腹膜炎

脱水

低血糖

 

夜中に病院を開けてもらい緊急搬送の回数3回

休日にもほとんど通院

 

ようやく3頭はほとんど下痢が治まった矢先の昨日

夜中4時頃、かすかな呻き声が・・・。

子猫部屋に行くとモジャが倒れて瀕死。

もがき痙攣をおこしている。

今回ばかりは死を覚悟した。

駄目元で病院へ電話。5回位鳴らして、切りました。

まだ5時前。

するとすぐに折り返し先生から電話がかかってきて今すぐ来て。との事。

出来る全ての事をしてもらい帰る。

午前6時前。

 

先生には感謝しかありません。

早朝4時に電話に出てくれる先生は少ないと思います。

 

 

他の子の世話など出来るだけして職場にモジャも連れて行き

夕方仕事を途中で終えて病院へ検査へ連れて行く。

夕方まで生きてて良かった(涙)

もし、夜中に私が気づかなければモジャは死んでました。

夕方には起き上がれるようにまでなり回復。

検査の結果はどれもマイナスで異常は見当たらない。

多分、私が引き取るまでにかなりのダメージを受けていたので

その影響かもしれない。

しばらくはまた毎日通院。

 

あいちゃん 

舌が炎症を起こしご飯が食べられない。

舌が腐ってしまうとご飯が食べられなくなり死んでしまう。

化膿止めの注射を毎日通院。

 

一昨日から兄弟のみつ君も同じ症状。

みつも通院。

 

子猫を育てるのは大変。

激動の日々です。

 

みんな元気になりますように。

 

 

 

| ボランティア活動 | 05:26 | - | trackbacks(0) | pookmark |
タマコ 3度目の手術

 

昨年全抜歯し

今年4月に腫瘍摘出手術、

最近舌の下が腫れて口が閉じれなくなりヨダレが垂れ流し、

餌も以前のように刺身も食べなくなり

毛繕いが出来ないので身体もベトベト。

また8月25日に今度はガマ腫の手術を行いました。

 

舌の下なのではっきりと患部を確認できず、

麻酔をかけるとガマ腫ではない様子。

しかし舌の下が腫物だらけで赤く膿みとても痛そうで

今回はレーザーで焼き、取り除いてもらいました。

 

また再発し、繰り返すのはわかっていますが

今はこうした外科処置と抗生剤とステロイドしか

処置の方法がないようでタマコの口内炎が治る事は一生ないようです。

 

 

金ちゃんママよりタマコの口内炎について色んな情報を毎回頂き、

時間がなくて調べる事ができないのでとても助かっています。

 

サンクロンを頂きました。

口内炎が尋常じゃないので薬を与えるのも一苦労。

逃げ回るのを捕まえて押さえ込み与えても半分口に入ったら良いほう。

 

何とかタマコは生きてます。

 

 

 

| ボランティア活動 | 05:22 | - | trackbacks(0) | pookmark |
子猫いっぱい&ありがとう報告

来月譲渡会デビューの

おこげ(黒 男の子)

あん (キジ白 女の子)

みつ (キジ白 男の子)

 

金時(女の子) 今日デビュー

 

まー君 (男の子)来月デビュー予定

 

他にも、チコちゃん、もじゃ君、あいちゃん、ケンちゃん

 

500g未満の子達がいっぱいいます。

 

保健所で殺処分が決まってたこの子達、

引き出した時の状態が悪くて下痢が続き、脱水、食欲減退

それが6頭。次々で地獄のような日々でした。

ようやく少しは改善してきてます。

 

 

にゃんこママより

 

ピーちゃんの預かりからピーちゃんがずっとのお家になった

大虎&ミー&もがにゃんファミリーより

 

にゃんこママより

リリーフちゃん家族より

 

子猫のご飯は頭数が多いのですぐになくなり

とても助かります。

 

フリマ用品も頂いてます。

 

秋に3回

10月28日(土曜日)生協祭

11月5日(日曜日)ジョイントマーケット(マリンパーク)

12月3日(日曜日)ジョイントマーケット(中央公園)

この3回のフリマで1年の活動費用に充てています。

お手伝いできる方、よろしくお願いします。

 

ネコのおやつ、届きました。

送って下さった方、ありがとうございます。

保護猫のゆうちゃんが固すぎて苦戦しながらも食べてます。

 

あしながお姉さんより

レボリューション6X6 36本

野良猫TNR36頭分。

ありがとうございました。

 

 

| ボランティア活動 | 06:35 | - | trackbacks(0) | pookmark |
美月

初めて美月を見たのは7月20日。

キャリーの中で横たわり、糞尿にまみれ異常な悪臭の中

かすかに息をしている物体が

猫か何かも分からない姿でした。

 

保健所収容中も職員もみんな死ぬだろう。と

放置されていた子だったようです。

 

詳しくはこちらで

 

目は最初は見えていないようで先生からも見えていない。と言われて

ましたが、今は回復してきています。

 

子猫だったからか、どんどん回復し、

最近はトイレもできるまでに回復。

 

あの時はこんなに回復するとは誰も思わなかったと

思います。

そしてこんなに美猫になるとは。

 

とても陽気な美月。

現在もうちでリハビリ中です。

 

 

| ボランティア活動 | 08:02 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Tさんに保護されたモモちゃん

 

先日Tさんに保護されたモモちゃん

 

この写真を見てくださったIさんから連絡あり

本日お見合いとなりました。

この写真では顔もわからないのに、Iさんには感謝です。

Iさんは昨年春に譲渡会でお会いしてお話させて頂いていた方

でした。

 

 

保護時のももちゃん

ノミだらけで風邪も引いており

栄養状態も悪い

 

ノミを全て取りシャンプー

 

シャンプー後

 

 

 

現在のモモちゃん

 

可愛くなりました。

 

ふくちゃんも同じくノミだらけで目やにが酷くて

誰にも引き取られませんでした。

放浪が長くなる程この子達の健康状態も悪くなり

汚れてしまいます。

そんな子達も同じ命です。

私が保護する子も保護時はみんなこんな様子です。

風邪、ノミ、便虫、耳ダニ、先天性障害の子もいます。

保護時のモモちゃんと現在のモモちゃんでは

希望者の数は違うと思いますが同じ子です。

 

手間や費用はかかりますが助けられるなら

助けて下さい。

モモちゃんは運良くTさんに保護された事で

家族が見つかる可能性が出ました。

 

保護しても、里親に出すまでのこの子達のケアは

大変です。お金も時間もかかります。

幸せになるために条件の揃った家族へ繋げるためにしています。

 

新しく保護した子達

全員ノミだらけ

酷い下痢

現在治療中

 

来月里親募集開始します。

気になる子がいましたら

先に対応いたしますのでよろしくお願いします。

080-5669-4648 (マツオ)まで

全員男の子です。

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 08:07 | - | trackbacks(0) | pookmark |
市民活動報告会 イオン新居浜にて

昨日と今日7月16日の2日間

イオン新居浜

2F イオンホール(クレープ屋の隣奥)

にて、新居浜、西条のボランティアグループの

活動報告会を開催中

 

少しですが参加してます。

1人でも多くの人に地域猫、不妊手術の必要性を

知ってもらえると良いのですが。

 

現在も子猫ラッシュは続いてます。

里親が決まっても、決まっても新たにまた・・・(涙)

 

ボランティアTさんが帰宅途中に保護。

女の子

保護直後の様子ですが、今は病院で適切な処置後

里親探しを開始します。

 

ふくちゃん

男の子

生後1.5ヶ月位

松山保健所から引き出し

 

この子だけが誰にも引き取られず、殺処分が決定していた

のを保護。他の子は引き取られたのにたった1匹。

理由は、汚れていて目やにがついて汚かったから。

そんな理由で誰にも引き取られず殺される。

悲しい現実です。

綺麗にシャンプーして可愛くなりました。

何でも見た目は重要かもしれませんが

保健所では見た目でも生死が分けられます。

ふくちゃんにも家族が見つかりますように。

ふくちゃんを気になる方、

080−5669−4648(まつお)

までご連絡下さい。

 

にゃんこママより

乳飲み子用のハウス2個、ミルクなど沢山頂きました。

 

リリーフちゃんの家族より

フリマ用品頂きました。

フリマは秋に3回予定しています。

 

ありがとうございました。

 

 

 

| ボランティア活動 | 06:11 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ベティちゃん トライアル中

 

すもも、くるみの姉妹のベティちゃん

一足先に、ライ君、リンちゃん、レオ君のお家へ

トライアル中です。

 

この子達は多頭飼育&ゴミ屋敷(これ、だいたいセットになってます)

の外の倉庫の下で生まれてました。

 

捕獲は触る事が出来ないので捕獲器で。

敷地内には入れないので塀越しに脚立を使い

ロープで捕獲器を垂らして順番に捕まえました。

 

初めは人馴れしてなくて、威嚇し毎日シャーッ!か、

ウ〜ッ、ウ〜ッって唸ってたのをどうにか馴らしました。

今まで人間と接した事もないので当然です。

野良母さんが、娘達には野良として生きるための良い躾が

バッチリ入ってました。

 

 

この子達のお母さん猫は捕獲しTNRしています。

他にも居たメスの猫も同時にTNRしました。

どちらも何度も出産した子宮でした。

お母さんはくるみちゃん似の毛長ちゃんです。

子供達を見ての通り超美人な母さんでした。

 

この子達は5兄妹でしたが、保護できたのは3頭。

残り2頭は保護できずに姿が消えました。

毎回悔しいですが精一杯しても限界があり全てを

助ける事はできません。

どこかで折り合い、線引き、諦めを断腸の思いで繰り返しています。

この子達の親猫を含めた一斉捕獲の時、

ここのTNRの主導者のおじさんが緊急入院しました。

おじさんは以前から体調が悪くても、自身が持っている数ヶ所の

TNR済みの猫の世話が気になり入院を拒みとうとう倒れました。

しかし、運ばれた当日以外は、入院中の病院に

「自宅へ用事がある」と言い、毎晩病院を出て、TNR現場へ

世話に向かってます。

現在も入院中。

代わりに私ができる時間がないので手伝う事も私には出来ません。

私に出来る事はこの子達をこのまま野良猫にして

不幸に短命な一生を終わらせる連鎖を止めて

安心して暮らせる家族を見つける事なので

3姉妹は私が責任持つ事になりました。

親猫達はおじさん自ら捕獲からリリースまで行いました。

 

ゴミ屋敷の倉庫の下で生まれてたとは思えない程

可愛くなった子達、沢山の方からお声をかけて頂き

現在トライアル中になりました。

 

一つの命を繋げるのは本当に大変です。

でも一つ一つからするしかないのです。

 

3姉妹 幸せになりますように。

 

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 08:45 | - | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/23PAGES | >>