CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ご無沙汰でした | main | ももちゃん 正式譲渡になり訪問 >>
まるちゃんからサン太へ 正式譲渡になりました

 

昨年12月11日夜7時過ぎ

この日は寒波でみぞれが降ってる中

2年前より捕獲に何度も失敗していたメスの捕獲を再開した日で

捕獲器設置を遊歩道でしている最中に

何か足元にまとわりつく物に気づくと黒猫。

こんな寒い中、氷のようなアスファルトに佇み

捕獲器に入れる缶詰とカツオ節をねだって私から離れない。

そうこうしていると、本命のメス(あけみ)がやって来て

異変に気づき、足早に去って行きこの日は捕獲失敗。

 

やれやれ、この黒ちゃん、若いオスだけど

餌やりさんに聞くと夏頃からこの遊歩道に居ついた

捨て猫らしい。

とにかく他の猫を捕獲するにも私に懐いてまとわりついて

離れないので一旦私の車に入れる。

となれば、もうTNRか里親さがし。

 

で保護したのがまるでした。

 

12月15日に手術。

血液検査も異常なし。

まだ生後数ヶ月の子猫でした。

 

それから里親探しを始めました。

顔が丸いからまるちゃん。

性格はタフでポジティブ、運動能力も抜群。

だからあんな場所で数ヶ月も生きてたのだと思う。

 

何度か声もかかり、1度はトライアルも行ったものの

ずっとのお家は

なんと、まるを預かりボラして下さってたキュピちゃん家族宅に。

 

お父さんに見初められ

12月24日に行ったからサン太になりました。

気に入られた理由は

お父さんの激しい愛情に応えられる適応力があったから(笑)

人間の赤ちゃんのように

「たか〜い、たか〜い」もできる子だったから。

 

の、はずだったのに・・・

 

サン太の甘えっぷりは最初だけだったようで

ここが安心できる場所だとわかったのか

日に日にそっけなくなり、今では普通の子になりお父さん的には

「あの最初の甘えっぷりはなんだったの?」

のような、ちょっと騙されたような

サン太の作戦にやられた感が否めない感じ。

サン太なりに、ここの子にして欲しくて甘えてたのかも。

 

そんなサン太ですが

今でもお父さんと仲良く過ごしています。

 

先住キュピとも月齢も同じ位で

兄弟のように仲良くしています。

 

仲良し兄弟のようです。

 

 

サン太 幸せに暮らしています。

 

 

| ねこのてファミリー | 10:39 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/1103
トラックバック