CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ノア君 元気です | main | 保護のお手伝い >>
突然届いた手紙

 

 

 

今年1月にある里親さんより

この後里親さん宅へ行き話し合い猫を連れて帰りました。

 

話によると体調不良で精神不安定になり罪のない猫に

殴る蹴るの暴行を行い、挙句には袋に入れて捨てに行ったけど

猫が擦り寄り逃げなかったからまた連れて帰ったと。

 

ここまで聞かされるともう私に連絡して来た事が

せめてもの救いとしか思えず、

「連絡頂きありがとうございました」しか言えなかった。

 

譲渡の際にはその人の事などほとんど知らない状態で

ただ、譲渡条件を満たしていれば前向きに話しはします。

保護し大切に大切に育て、絶対の幸せを約束して譲渡しても

こうなるのです。

この件は幸い知っただけで私の知らないだけで、不幸になって

いる子もいるかもしれません。

 

この子の保護した時の様子

 

約4年ぶりにうちへ帰って来ました。

最初は怯えてたけどだんだんと落ち着いてきました。

私の人選ミスにより、毎日殴る蹴る壁に叩き付けられ

私の罪は重いです。

この子の今後を考え、新しく里親さんを捜すのではなく

今までお付き合いのある里親さんの中で検討し、

信頼関係のある方の中で

レモンちゃんの里親さんYさんご夫婦へ全て話し相談させて頂きました。

今はレモンちゃん宅で暮らしています。

本当に感謝でした。

お届けしてから毎度の事でそのままになってますが

それだけ安心してお任せできるYさんにお願いしています。

そろそろ訪問を考えていますがきっと幸せに暮らしてるはず。

 

うちの子と私に頂きました。

パイ、とっても美味しかったです。

ありがとうございます。

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 09:20 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/1108
トラックバック