CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 明日子猫譲渡会デビューします。 | main | 大吉トライアル中 >>
TNRした白黒母さんと保護した子猫 飲み屋街編

 

市内雑居ビルに居ついた猫達

餌は店の人達からもらうけど餌を与えるだけでは

余計に不幸な猫を増やす事になっているだけ。

9月から着手した現場

現在5頭のメスを手術、リリース。

そのうちの1頭

9月13日保護、手術、

このまま里親探しに出来ないか様子を見たけど断念

21日にリリースしました。

 

この子が子供を生み育ててた場所をこの子を捕まえる前に

尾行して確認していたのでこの母さんを捕獲後に

子猫を捕獲。

9月16日全員保護。4匹

雑居ビル裏の廃墟の中

この奥の茂みからお母さんが毎日何往復もして

ビル前の餌場に置かれた餌を口いっぱいにくわえて

運び、お母さんが鳴くとこの茂みから子猫が4匹

出てきてました。

お母さんが呼ばないと絶対にこの中から出てきませんでした。

お母さんが子猫達に野良猫として生きるための教育をしてました。

 

この茂みの中で生まれ、大雨の時も親子で耐えていたのでしょう。

お母さんは離乳期になると授乳をやめて50メートル位離れた餌場から

餌を口にいっぱいくわえて運び、子猫がしっかり歩けるようになったら

全員を餌場まで誘導して、後から子猫を押したりしながら

餌場を教えていたようでした。

 

今回生まれた子達の前に生まれた子達(今年春生まれ)が大きくなり

この現場にいます。

 

 

私がお母さんを捕獲したので餌がなく、空腹になりようやく外へ

出てきたところを捕獲器で捕まえる作戦。

この子達は大きくなっていたので警戒心も出て

手で捕まえるのは不可能でした。

しかし踏み板の捕獲器ではまだ体重が足りないので

吊り下げ式捕獲器を紐を使い手動にして、私の姿を隠してたら

子猫なのでまだ純粋で餌を見て捕獲器に入ってきました。

その前にブランだけは手で捕まりました。

ガスリーとマコは同時に捕獲。

ココアだけは怖がり茂みから出ずに捕獲に1日かかりました。

ブラン

 

ガスリー

 

ココア

 

マコ

 

 

1度も人間と関らずにあの茂みで暮らしてた環境から

突然家猫として暮らすのは最初大変でした。

威嚇もするし、トイレはケージの隅っこでしかしないし

敷物はめちゃめちゃにするし。

でも子猫なので順応性があり今ではフワフワベッドで

くつろげるようになりました。

 

保護しなければこの子達は一生野良で家もなく短命に

終わってました。

マコとココアは一足先に一緒に家族が出来ました。

市内の素敵なご家族です。

ブランとガスリーは今日一緒に新しい家族のもとへ

トライアルに行きます。

ブランとガスリーは少し遠いところですが

沢山の希望者の中から一番ブランとガスリーを安心して

預けられるお家です。

ブラン、ガスリー頑張れ。

 

 

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 07:04 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/1132
トラックバック