CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 秋のバザーのお知らせ | main | ありがとうございました&ご報告 >>
17日間の脱走

はじめに

里親さん宅での猫の脱走は

具体的な防止策、意識で予防できます。

猫の脱走、行方不明は

猫、

里親さん、

保護主、全員が不幸になります。

どうか今一度脱走防止策の確認をお願いします。

 

みわちゃん、

昨年末にTNR現場より保護しました。

当時生後半年位。

ずっと里親さんを待ってました。

先月お声がかかりトライアルへ。

新しいお家4日目に、里親さんの うっかり から

カーテン裏にいたみわちゃんに気付かず扉を開けてしまい外へ脱走。

 

まだ連れて来られて4日しか経ってなく

里親さんにもまだ慣れてない。

呼んでも近寄るはずもなく近寄れば逃げる。

まず、手では捕まりません。

里親さんは虫取り網を用意してくれてましたが

虫取り網で捕まるような猫はいません。

捕獲器が一番安全に確実に保護できますが

みわちゃんは捕獲器を警戒して

捕獲器を見ただけで逃げて行きました。

最初TNRで保護した時に捕獲器に入ってるので

賢い子は学習しています。

 

まず、情報収集が大事。

Tさんの協力で翌日には作成。

300枚コピーし、周囲へポスティング、掲示できるわかりやすい

場所に貼っていきました。

 

脱走は初動が大事。初動に全力を注げば

大体近くで捕まります。

しかし、みわちゃんはなかなか思うようには

いきませんでした。

怖がりの性格のおかげて遠くには行かず

近所で毎日のように目撃情報が届き

木の上にいたり、近所の庭で見かけたりしてても

一定の距離には近づけず…

捕獲器には毎日近所の野良猫が入り、

同じハチワレ猫が4回、同じ白猫が3回入る。

こいつらはバカなのか…?と思うけど

いやいや、捕獲器の中の餌泥棒で、捕獲器から

出される時には、ちゃっかり毎回全部平らげてる。

見つかって出してもらえるのを分かってるようで

少しの時間我慢すれば、美味しい餌を食べれるもんだから

毎回邪魔されて、今度入ったら、みわちゃんを

捕まえるまで、捕まえとこうかと思ってた位。

 

連日夕方から捜索、捕獲に費やしてる現場は松山。

毎日往復3時間、捜索に1時間。

しかし、日が経つにつれ問題が出てきたり

里親さんと私の疲労が溜まってきてました。

そこで夜間に監視カメラを里親さんの庭に設置。

翌日カメラ確認して驚く。

うわ〜っ!!!

み、み、みわちゃんだ〜〜!!!

このカメラ目線何?

バレてんの?

 

カメラの説明書読み、チャコママに相談するけど

カメラはシャッター音など全くなく

光も全く放さないから、たまたま撮れた一枚。

 

それからも、毎日カメラに映ってるみわちゃん。

たった4日しか過ごしてないお家の庭に夜間に戻ってるのを確認。

 

 

ある日から首輪が肩に襷がけになっている。

 

それでも捕まらない日々が続く。

ある日、近所の倉庫に居るみわちゃんを里親さんが発見。

倉庫で捕まらず逃げ走り、事務所の床下に入り込んだのを確認。

やった!と思う。

ここからは私の得意作業。

床下から出れないように床下の隙間を埋めて捕獲器設置。

床下と捕獲器の繋ぎ目も徹底して埋める。

夕方5時頃に松山に入りこの作業が終わったのが8時過ぎ

そして夜中12時頃、17日間の逃亡生活が終わりました。

 

本人も疲れてる様子

 

首輪が肩から腕に食い込んでます

 

酷い腐敗臭 怪我です。

首輪が皮膚に食い込んでます。

保護が遅れると断脚になっていました。

首輪の危険を改めて知りました。

完全室内のみの子だと安全ですが

外では危険物になります。

迷子札ももちろん必要ですが

力が加わると外れるタイプの首輪をお勧めします。

 

そしてみわちゃんはうちへ戻る事になりました。

今回、里親さんは相当頑張ってくれました。

夜の捕獲器の設置から、朝の見回り、

捕獲器も色んな場所に数台設置し、全ての管理をしてくれてました。

毎朝の報告。夕方の捜索、ポスティング。

そして私も連日夕方から松山へ通い、

お盆頃に脱走し、

捕まった時には季節が変わってました。

里親さんも私もようやく心から落ち着いて

眠れる事ができました。

 

脱走、一瞬のミスが大変な事になります。

今回のみわちゃんは遠くへ行かなかった事が

捕獲成功に繋がりました。

それと諦めなかった事。

子猫の時からお家で暮らす子とみわちゃんのように

大きくなるまで外で暮らしてた子だと

脱走に対する注意度が違います。

外でずっと暮らしてた子の方がかなり脱走のリスクが高いです。

 

「だったら、大きくなった子の譲渡を止めれば?」

の意見もありますが、

私は外で暮らしている大きくなっている子に

安心して暮らせるお家、家族を与えたいのです。

この子達はまだみんな若い子ばかりなのに

少し大きくなっただけで、賞味期限切れのような扱いをされてます。

必死で生きてるのに短命です。

だから大きくなった子の譲渡をこれからも続けます。

脱走は飼い主が防げる事です。

大人猫には大人猫の良さ、魅力がいっぱいあります。

大きくなった子もよろしくお願いします。

 

 

もし、猫が逃げてしまったら・・・

絶対に諦めないで下さいね。

必ず捕まります。

 

みわちゃんは怪我が治るとまた里親探し始めます。

 

 

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 00:01 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/1168
トラックバック