CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 趣味の収集 | main | 途中経過にゃんず05 >>
ねこのて版 「TNR」についての考え
どもども♪
ねこのて 報道官(自称)のこり である。
ねこのてにいはま の「TNR」についての考えを以下に記しておく。
1 TNRについて
「TNR」とは、
TRAP(トラップ)   保護・不妊手術目的で野良猫を捕獲
                  ↓
NEUTER(ニューター) 不妊手術をする事
                  ↓
RELEASE(リリース) 繁殖制限済みの目印をつけて元の場所に放つ事
の略であり、
「TNR活動」とは、上記の流れを出来るだけ短期で行う事、
また、その流れの中で発生しうる事として、
里親譲渡目的で室内飼育をしつけ、預かり保護をする事。
2 繁殖制限済みの目印について
繁殖制限済みの目印は、さくらみみカット
(さくらの花びらのように耳先をV字型カット)
であり、おすは右耳、めすは左耳に施す。
状況によっては左右逆だったり(耳が無い場合もあるので)、
耳ピアス・刺青なども否定できず、
費用・獣医の設備や方針等に左右されることもある。
目印が有る事により、人猫共に再捕獲のストレスや不必要な
手術・麻酔リスクを避けることが出来る。
3 上記2や不妊施術についての考え
不妊手術やさくらみみ(耳先V字カット)が、
「かわいそう」「残酷」「人道的でない」等の意見も理解できる。
さくらみみ(耳先V字カット)も耳イレズミも長所短所あり、
さくらみみ(耳先V字カット)が即実現可能かつ手術の有無が
判別しやすい方法である。
不妊手術をする事は、猫の本能による生態の循環を人が治め、
避妊・去勢手術をして増やさないようにし、飼い主のいない猫や、
外飼い猫・飼い主不明(適正飼育が出来ていない)の猫によって、
起こるであろうトラブルを減らしていくための「試み」であり、
人と共生できるようにする事である。
4 問題点
・捕獲時における飼い主不明の猫の対処について
所有権が判る措置(名札・首輪など)も、
不妊去勢手術もせずに放し飼いにすることは、
飼い主としての責任を怠っていることに他ならず、文句は言えない。
ただ、このような理由で強引に進めていくわけにはいかないので、
飼い主がいるかもしれないと思われる時は、
ボランティアだけで捕獲するのではなく、広報や猫好き猫嫌いの
どちらも含めた地域住民との共同作業として捕獲していくのが望ましい。
捕獲日や日数・対象を写真付き書面で告知し、
住民の目の届くように捕獲をすれば、
間違った捕獲のリスクを減らすことができる。
・遺棄が増えるリスク
遺棄が増えるリスクよりも、繁殖による増加を抑えることが重要。
出来れば警察署や交番・関係機関等に年一度報告書を提出し、
TNR活動をしている事をお知らせして、
監視されていることを広く周知する、または周知してもらう。
サビちゃん、元気かな?
※ねこのてでは、良くないイメージを和らげるために、
耳先V字カットの呼び方を、「さくらみみ」と変更していきます。
※上記の各項目は、今後の活動により修正・加筆する可能性があり、
その都度お知らせしますので、ご理解お願い致します。
赤字記入します。
TNRについての補足1 2013・06.23 追加しました。
さくらみみ(耳先カット)の場所 2015・06・22 修正しました。


さくらみみ(耳先V字カット)も避妊・去勢手術も
猫から見れば残酷な事です。
でも、放っておけば、飼い主のいないねこは増え、
よけいに辛くなると思います。
ねこのては、現在時点(2013年3月)でベストな方法、
TNR(含むさくらみみカット)が良いと信じて、
なおかつ正解は無いと思い、
正解は今後の歴史が教えてくれると信じて、
少しでも飼い主のいない猫を減らしたいと思いながら活動しています。
参考
環境省       犬猫の適正飼養ガイドライン
NPOねこだすけ  会報および飼い主のいない猫対策セミナー資料
公益財団法人 どうぶつ基金
| ねこのて資料・広報 | 14:54 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/129
トラックバック