CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< パン君からドン君へ 正式譲渡決まりました。 | main | あひるの兄妹 >>
飼い主のいない猫対策 補足1
どもども♪
ねこのて 前文ネタ切れ気味?の こり である。
 
以前に記事にした、
補足事項である。
 
 
 
 
地域住民さんへの参考?として、
 
猫が外に居るということは、こんな事もあります
って事を書いておこう。
第4章 補足
 
3 外に猫が居るということ。
住民の中には猫が嫌いな人もアレルギーの人もいます。
 
アレルギーの原因は猫の毛ではなく、
毛につくたんぱく質らしいです。(フケです)
 
家のそばを通るだけで辛い思いをする人も居ます。
 
他人の敷地内に入って糞尿などに悩まされる場合もあります。
 
他人の敷地内に入って花壇などを荒らす場合もあります。
 
猫が他人のペットの鳥や魚を獲ったりすることがあります。
 
我慢している人がいます。
その人たちの事も考えてください。
 
 
4 野良猫に困っている人へ
 
家の敷地に入ってこられないようにする方法を紹介します。
 
  1 ごみの処理を確実にして、荒らされないようにする。
 
  2 網やネットなどでペットや花壇など保護する。
 
  3 水を嫌う猫も多いので、水をまく。
 
  4 市販の猫忌避剤・酢・木酢液を散布する。
 
  5 市販の猫よけグッズを使う。(超音波発生器など)
 
また、プランター設置などの糞尿対策もどうでしょうか?
 
 
近所同士で話し合い等が良いと思います。
 
5 えさやり禁止について
エサやりを禁止する事は、
猫同士の縄張り争い(ケンカやスプレー(尿)行為)や、
ゴミあさりが頻繁になり、
近隣へ移動することで近隣地区の猫問題になるだけです。
問題を近所に押し付けるという事になります。
6 自分の敷地で餌をあげるという事は、
飼っているとみなされると思います。
裁判所の判例検索で「野良猫」を条件に入れて検索して、
2例の判決がありました。
いずれも賠償と餌やりの禁止が出ています。
たった2例ですが、
裁判の公平性ということで、
過去の判例を無視する判決を出すことは出来ないので、
今後このような裁判が起これば、
賠償と餌やりの禁止が出ます。
参考 NPOねこだすけ・新宿区保健所
    飼い主のいない猫対策セミナー資料から一部抜粋
                      本能!?


 
| ねこのて資料・広報 | 18:20 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/156
トラックバック