CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< フリマ物資いただきました | main | TNRしました タロウ >>
「TNR」についてご理解のお願い
ども〜♪
ねこのて 4月以降仕事の配置換えでテンパって?おります こり である。
アベノなんとか何処行った?昨年のボーナスはゼ・・・・・

いやいや、猫の話を!じゃね・・・(;´∀`)

最初に言っておく。
これは、ねこのて広報ではなく、ワシ個人の思うことを書いた記事である。

TNR現場で、「何をしている?」と聞かれることがある。
ワシはなかなか上手く言えないじゃろう。
実際、昨年のTNR現場でえさやりさんと周辺の摩擦があり、
今後何か言われることあれば、
文書を読んでもらうようにしてはどうかと提案してみた。
文書を考えて、A4〜A5サイズにして渡してみた。
以下の文章は実際の文書とは違うのだが、
だいたい似たような感じで、ボランティア目線で書いてある。
普通の人に理解してもらうために、
TNRとか地域猫とかの単語は入れず、
あまり難しく書かぬようにしてる。
参考になるかどうかは怪しいのだが・・・・(;´∀`)




○○ののら猫ついてご理解のお願い

以前より◯◯周辺にはのら猫が○数匹住みつき、現在は○数匹までに増えています。
かわいそうだから餌をあげる餌やりさんの気持ちはわかります。
しかし、食べものをあげただけでは救ったことにはなっていません。
関わった猫に責任を負えないなら餌はあげないのが、世間一般の常識だと思います。
餌をあげるのを止めると、猫は黙って飢え死にしません。
飢えた猫は必死になり、頻繁に近くのごみを漁るようになり、分散して周辺地域で増えてしまうかもしれません。
糞尿などの問題を周辺に押し付け、迷惑をかける家が増えるかもしれません。
◯◯の猫は増えすぎたから問題なのだと思います。
人道上猫を殺し排除せず、これ以上増えないように減らそうとしています。
決められた方法でえさをあげることで、不妊手術のための捕獲のしやすさや数の管理ができます。
猫の縄張り習性を利用し、周辺から入ってくる猫を防ぐこともあります。
我々は、◯◯の猫に不妊手術を施し増えないよう努力してます。
寄付や自費で合計○匹の不妊手術を済ませています。
えさやりさんには不衛生にならないよう、周辺に配慮するようにお願いしています。
ご近所さんも話が可能なら一緒に対処出来れば良いと思っています。
外を自由に歩くのら猫ですから、一匹も居なくなるようにすることが出来ない可能性もあります。ご理解お願い致します。
◯◯で猫を飼うためにえさをあげているわけではありません。
上記ご理解頂き、どうかここは監視する程度に見守って頂きたいと思います。





これ、一匹でも不妊手術を済ませている事が大事かと思う。
また、上記のTNR活動の事を地域猫活動だと誤解し、
TNR活動や地域猫活動を「えさをあげるための免罪符」みたいに思わないでいただきたいと思う。
そのへんは後日に記事を書いてみたい。
               ↑まだアップしてへんかったら済まんw

 
| 私のこと 思うこと | 12:55 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/347
トラックバック