CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 里親さん募集中ですよ うに・ひじき | main | 5月10日 譲渡会へ参加します。 >>
人間
先週、うちへ猫を遺棄した偽善者について
人間のクズ、最低な行為だと怒っていたけど
これが人間なんだ。人間らしい行為とも思った。
最近ニュースで3歳児の我が子を
うさぎのケージに3ヶ月以上監禁し
汚物でケージが汚れるのを防ぐために
食べ物は2、3日に1度しか与えず幼児を衰弱死させ
川へ遺体を遺棄した容疑で両親が逮捕されたのを見た。
これが人間なんだ。と思った。
よく残虐な行為などに「人間のする事ではない」とか言うけど
人間だからするのだと思う。

こんな非情な事を平気でするのが人間。

この世では人間の私利私欲で動物を殺し
人間に有益をもたらせない動物は生きてはいけない。
動物愛護なんて言葉がある事自体がもう不自然な世の中に思える。
自分も人間である事が嫌になる。

里親募集をしているひじきとうに、トライアル中のわかめ
の母親はまだ幼さ残る1歳未満の小さな黒い野良猫。
TNRの計画で堕胎する予定が産まれてしまい
空き家の床下でずっと子猫を抱えて育てていた。
母親もまだ子供なのに一生懸命子猫を舐めて汚物を取り
餌も食べに来ずにほとんど抱えて授乳していた。
おかげで3匹を保護した時は丸々と育ち太っていた。
予定より早く子猫を保護した理由は母さん一家は床下から
子猫を銜えて雑木林へ引越しし、天気予報で翌日が大雨だった
からまた引越しすると推測して急遽子猫を保護した。
子猫を保護する時も子猫に近づいただけで母さんは
凄い威嚇して子猫を守ってた。
子猫から母さんが離れた時、捕獲器を設置し母さんを先に捕獲して
子猫を保護した。
その後母さんは避妊手術してリリースした。
母さんをうちで4日間静養させて、
その間子猫はこり家で保護してもらってた。
リリース後、母さんが子猫の事を忘れてるのを願ってたけど
数日間子猫を探してうろつき鳴いていたらしい。

人間はもう動物ではなくなったと思う。
弱く愚かな生き物にしか思えない。

手のひらの中の液晶画面に時間や思考力を失い
便利さの引き換えに大切なものまで見失っている事に気づかない
世の中を世知辛く思える。

この母さんが一生懸命育ててた3匹。
人間と動物の共生などと
人間の都合で繁殖制限し親子を引き離したからには
子猫3匹に人間の思う幸せを約束された家族を見つける事が使命。


我が家のつばき乳母がまた活躍中
が、この翌日
どんだけ吸っても出ない乳首に子猫がついに怒ったか
つばきの乳首を噛み裂き、つばきの悲鳴と共に後足キック
で子猫も吹っ飛び、つばきは全く子猫に近づかなくなった。
一番下段の乳首2つが痛々しい姿になってしまってた。
ごめん、つばき。

 
| 私のこと 思うこと | 21:35 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/550
トラックバック