CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 平成24年度 収支報告書 | main | 平成25年度 収支報告書 >>
動物の遺棄はいけませんよ

ども〜♪

ねこのて ウチブログ転載の こり である♪
今回はワシのブログの転載よ。
啓発PRシリーズ復活?
普通の人に解りやすく啓発していきますよ。

皆様、
犬猫を・・・

「山に捨ててきたらええんじゃ!」

「川に流せ!」

こんなの論外!
悪いことじゃっての子供でも解るじゃろ。
一部の人はかまんと未だに思っとるかもしらんが・・

じゃ、
公園やショッピングセンターに人知れず・・・


あ・か・ん!


それでも、
違法であるということ、
みなさん知ってください。

昨年に環境省のえらいひとが、
お役人さん各位に通達したのがコレ。
環境省 愛護動物の遺棄に係る考え方について
PDFファイル
環境省 動物の適正な取扱いに関する通知
環境省のページへリンクします。


上記通知について、
大雑把に解りやすく言えば、

飼われていた犬猫を移転または置き去りによって身体・生命に危険を及ぼす行為を遺棄とする。
場所・状態・目的などを考えて判断する必要がある。

判断要素として、
1 場所
飼われていた猫は人に依存するため、飢え・疲労・事故等で身体・生命を危険にさらされることから、場所は問わないと考える。
のら猫であっても、食事・気象・事故・天敵等身体・生命の危険に直面する状況がある場所か考える。
人の保護を期待しての移転・置き去りは、第三者に保護されるとは限らないために、上記の状況によっては身体・生命に危険があると考える。

2 状態
子供、年寄り、障害病気の猫は、直ちに生命の危険に直面すると考える。

3 目的
法令・正当な理由によるものは遺棄にあたらないと考える。



もっと簡単に言おう!w

置き去りで、その後の飢え・疲労・交通事故等の危険に直面する可能性がある。
第三者に保護されるとは限らないために場所を問わない。
子供、年寄りの犬猫は、直ちに生命の危険に直面すると考える。
であるから、捨ててはイカンですよ!






そして、
看板に連絡先が追加されたのは良いね。

捨てるの見たら、
遠慮なく通報してええんよ。

 
| ねこのて学び処 | 12:47 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/568
トラックバック