CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< のらねこ通信4 | main | ちびぶんた君 近況報告 >>
妊婦猫 出産後の母さん猫

TNRの依頼や相談はほとんどが
「お腹が大きい」
から始まります。
毎度の事ですがギリギリでいつ産んでもおかしくない
位の大きさです。
すでに出産直後という事も多々あります。

私の個人的な判断基準ですが
たとえ今日産まれる子であっても
出産前なら迷わず堕胎します。
産ませる選択肢はないです。
今までも何度もそうしてきました。

バケツに入った胎児を見る度に本当に辛いです。
ごめんなさい。という気持ちでいっぱいです。
でも「間に合った」という思いがあるのも正直な気持ちです。

捕獲した子が出産直後、出産後だったら
まず子猫を優先してTNR,避妊手術は延期します。
子猫を置き去りにしたまま母猫を病院へ連れて行き
半日以上子猫と離して手術し、リリースしたとしても
母親の居ない間無事子猫が生きているか、
母猫が子猫の元へ迷わず戻るか、
お腹を切って縫ってすぐに子猫に授乳させる事
など色々なリスクや負担を考えると
どこかにいる未確認の子猫の安否が最優先なので
産まれてしまったら大切な命として母親が上手く
育ててくれるのを願います。
最低1ヶ月は間を空けて次の発情までには捕獲計画を
立て直し再度捕獲します。

線引きは母猫の分娩前か分娩後かで
選択判断を分けています。
賛否両論ありますがご理解頂ける方には
できる範囲でお手伝いします。

どちらにしても仕方なくの選択で
こうならないのが願いです。
猫の妊娠期間は約2ヶ月です。
お腹が横に張っているように感じたら
出産間近です。


生まれました・・・。


現在驚異的なスピードで成長中

母さんずっと子育てしてます。
8月20日頃生まれ

この子達も今月には里親募集開始します。






 
| 私のこと 思うこと | 22:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/623
トラックバック