CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< チャリティーバザー予定 | main | のらねこ通信7 >>
妊婦猫遺棄のその後


数ヶ月前の早朝
うちの庭へ入りダンボールに妊婦猫を入れ遺棄した件、
ダンボールは蓋を閉めてなく上が開いたままの状態。
発見した時、もちろん猫は逃げていませんでした。

近所の人にも話して見た事ない猫がいたら連絡下さい。と伝え、
近所を探したけど見つからないまま。

動物遺棄として警察に来てもらいました。
一通りの事を話し、犯人が残した手紙も読んで
警察官に言われた言葉は
「おたくの猫だと思って持ってきてくれたんじゃないの?」
「???」
「この手紙を読んでどう解釈すればそんな事になるんでしょうか?」
と尋ねると
「人それぞれ物事のとり方は違いますよ」との返事。
もう呆れてこれ以上話す気も失せました。

「被害届けは本署で行いますから明日の朝8時以降に来て下さい」
という事だったので
一通りの現場検証などは終えたので
「本署へ行ったらこの件は伝えて下さっているのですね」
と念を押して言ったら
「はい、そうなっていますから」との事。

翌日、言われた時間に言われた部署まで行く。


誰一人昨日の件を知らない・・・。


「今日は月曜日だから引継ぎがまだできてないんです」との返事。

パトカーがうちへ来てから24時間以上経っている。
「月曜日だから・・・」
っていう理由も理解できない。
民間企業でこんな言い訳は通用しないでしょう。

仕方なくまた最初から話をする事となる。
もううんざり。

最後に
「この件をどう対処するかこれから審議して
どういう方向で進めるか決まり次第連絡します」
との事で絶対に繋がる連絡先を伝えたが


いつまで待ってもその連絡が来る事もなかった。


そして、
保管期間が過ぎたからと
猫が入っていたであろうダンボールと手紙だけ返された。

以上、全て事実です。
言った事は守っていただきたいし
この対応が通常なら警察の存在、役割は何でしょう?

偽善者にうちまで連れて来られて
どこかで死んだであろう猫が一番の犠牲者で
今も心にひっかかってます。









 
| ボランティア活動 | 22:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック