CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
たま子の様子&ありがとう報告

 

最近のたま子

 

調子良い時です。

ずっとヨダレは出続け胸や手足は常にカピカピ

毛繕いは出来ません。

1週間のうち、3日間位は缶詰を食べれる日

残りの日は痛くて何も食べれない日を繰り返しています。

野良だと生きていけなかったけど

TNRでリリースしなかったから何とか生きていけてます。

 

昨年子猫保護し、最後のナナちゃんも無事里親さんへ繋げる事

が出来たHさんより

猫用栄養リキットも頂きました。

ありがとうございます。

 

にゃんこママより

毎月お会いする時用意してくれています。

ありがとうございます。

 

チャコママより

猫の栄養補充食品など

チオビタが入ってたのが言葉で言わなくても

今の状態を暗黙で理解してくれてて感動。

 

現在容態の悪い子猫保護中。8匹。

何とか生かしてあげたくできる限りしています。

 

 

| ボランティア活動 | 11:01 | - | trackbacks(0) | pookmark |
保護した5匹 全員お家が決まりました

 

3月20日保護しました。

キララ ユメメ

サビ柄 女の子

 

コモモ サビ柄 女の子

 

リキ 黒 男の子

 

いち 黒 男の子

 

2月6日生まれ

 

この子達のお母さんは3月20日不妊手術終了。

 

先日里親さん宅へ再度訪問して無事全員お家ができました。

 

 

ボランティアセンターへフリマ用品をお持ち下さった

Mさん ありがとうございました。

 

最近は秋に3回のフリマで活動資金を得ていますが

フリマ開催日が譲渡会と同日だったり、大きな車がなかったりで

フリマも縮小傾向になっています。

その代わりに、皆さんより頂いたフリマ用品の一部を

「タナックス」 昭和通りにある、フリーマーケット委託販売店

へ置かせて頂いています。

売上の7割を頂けるシステムで活動資金に使用しています。

フリマ用品ありがとうございます。

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 07:20 | - | trackbacks(0) | pookmark |
保護のお手伝い

 

4月21日

敷地へ来る猫を不妊手術して家に入れて飼いたい

けど捕まらない。

という市内Iさんからの相談でした。

詳しくお聞きすると、姉妹で、しばらく前に

交尾を確認しているとの事。

 

猫は交尾すると100パーセント妊娠します。

 

早く手術しないと胎児が成長してしまいます。

触れないので捕獲器貸し出し、捕獲器で保護。

 

無事2頭とも不妊手術終了。

 

馴れてないので突然家にフリーにしたら

逃げ回り間違いなく脱走します。

ケージを用意してくれて

しばらく慣れるまでケージ暮らしになりました。

 

黒 やまとちゃん

サバトラ ふじこちゃん

 

まだ若い姉妹です。

 

まだまだ慣れるまで時間かかりそうですが

もう外暮らしのホームレスではありません。

 

Iさんが行動を起こさなければ

ここでも2頭が出産し望まれない命が生まれていました。

 

やまとちゃん、ふじこちゃん

良かったね。

 

 

以前に何度もあったケースですが

当事者が餌を与えていた野良猫を不妊手術をし

家で飼い猫にするという事でお手伝いし

せっかくケージまで貸して

絶対慣れるまで出さないように!と

釘さしているのに

「出さないと可哀想」と自己判断で勝手に出して

窓から外に出て居なくなったんよ〜。

という件、1度や2度でないんです。

だから口うるさく言ってるんですが

理解してもらえません。

 

成猫生粋野良猫を家へ迎える時は

安易な考えでは必ず失敗します。

必ず想定外な事が起こります。

猫だって必死ですから。

覚悟して容易周到で迎えてあげて下さい。

 

やまとちゃん、ふじこちゃん 幸せに。

 

 

 

| ボランティア活動 | 07:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
突然届いた手紙

 

 

 

今年1月にある里親さんより

この後里親さん宅へ行き話し合い猫を連れて帰りました。

 

話によると体調不良で精神不安定になり罪のない猫に

殴る蹴るの暴行を行い、挙句には袋に入れて捨てに行ったけど

猫が擦り寄り逃げなかったからまた連れて帰ったと。

 

ここまで聞かされるともう私に連絡して来た事が

せめてもの救いとしか思えず、

「連絡頂きありがとうございました」しか言えなかった。

 

譲渡の際にはその人の事などほとんど知らない状態で

ただ、譲渡条件を満たしていれば前向きに話しはします。

保護し大切に大切に育て、絶対の幸せを約束して譲渡しても

こうなるのです。

この件は幸い知っただけで私の知らないだけで、不幸になって

いる子もいるかもしれません。

 

この子の保護した時の様子

 

約4年ぶりにうちへ帰って来ました。

最初は怯えてたけどだんだんと落ち着いてきました。

私の人選ミスにより、毎日殴る蹴る壁に叩き付けられ

私の罪は重いです。

この子の今後を考え、新しく里親さんを捜すのではなく

今までお付き合いのある里親さんの中で検討し、

信頼関係のある方の中で

レモンちゃんの里親さんYさんご夫婦へ全て話し相談させて頂きました。

今はレモンちゃん宅で暮らしています。

本当に感謝でした。

お届けしてから毎度の事でそのままになってますが

それだけ安心してお任せできるYさんにお願いしています。

そろそろ訪問を考えていますがきっと幸せに暮らしてるはず。

 

うちの子と私に頂きました。

パイ、とっても美味しかったです。

ありがとうございます。

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 09:20 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ノア君 元気です

 

昨年、新居浜駅前で保護したノア君

 

 

ノア君の事はこちら   

 

 

Mさんのお家の子になって約1年

 

 

同居人のまるちゃんも元気です。

まるちゃんも新居浜出身、

心無い人が妊娠しているまるちゃんを保健所へ送り

愛護センターで殺処分する機械に入れられていたのを

引き出された幸運なまるちゃんです。

 

 

2頭共元気に暮らしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ねこのてファミリー | 17:10 | - | trackbacks(0) | pookmark |
滝の宮公園に遺棄された3匹の子猫

 

先月、滝の宮公園で子猫を3匹保護した

外国人の方から相談を受けました。

話を聞くと、滝の宮公園で目の前で男性が子猫3匹を放り出し

いきなり捨てられた子猫達は戸惑い人懐っこいので

人に擦り寄ろうとしているのを老人が頭を蹴り上げていたのを

目撃し、Rさんはすぐに3匹を自転車のカゴに入れ

遠い家までの道のりを歩いて帰ったとの事。

 

しかし、Rさんの住居はペット不可の物件。

早くこの子達をどうにかしなければいけないとの事でした。

まだ日本に来て半年近くで何もわからず、交通手段もないRさん、

母国の愛護シェルターのような感覚で連絡してくれましたが

「残念ながら引き取りは出来ない。里親探しのお手伝いはする」

との事で了解を得ました。

Rさんの母国では資金力のある大きな愛護団体が沢山あり

引き取り保護をしてくれるのだそう。

ドネーション文化が浸透しているので分け合う事が普通になっている

国と日本では規模が違います。

 

ここからが驚きの展開でした。

Rさん、私の説明した通りの事を全て行ったのです。

遠い動物病院まで電車やバスを乗り継ぎ

健康診断へ3匹とも自身で連れて行き、

里親募集の記事を作成、友人に協力してもらい譲渡会場へ参加、

不妊手術まで終了させました。

Rさんが交通手段がないのも知っていたので

途中から協力しようと思ってる矢先にどんどんと

事を進めて行ったのです。

 

そして3匹とも縁あって家族が見つかりました。

かきちゃん (西条市の家族へ行きました)

 

Rさん、3匹を保護しとても大変だったけど

無事ゴールまで自分で繋げました。

 

もし、異国でこんな事に遭遇したらここまでできるのだろうか?

子猫を遺棄している事も、子猫の頭を蹴っている事も

日本人として悲しいです。

最後まで責任持ってやり遂げたRさん、すごいです。

 

よく、OOに子猫がいます。助けて下さい。

   OOにいる犬を助けて下さい。 などと連絡ありますが

助けるのも助けないのも、あなた、自分です。

他の人に振る問題ではないのです。

自分が責任持って助けるというのなら、できる事は協力します。

 

 

動物の遺棄(捨てる行為)は犯罪です。

見つけたら警察に通報して下さい。

 

 

 

| ボランティア活動 | 16:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ももちゃん 正式譲渡になり訪問

4月22日

正式譲渡のお返事を頂いたももちゃん宅へTさんと訪問

車を降りると早速窓越しにももちゃん

 

新しいお家と家族にすっかり慣れたようで

とてもリラックスしていました。

 

昨年夏に保護してから本当に色々あったももちゃん、

Tさんもももちゃんの幸せを諦めず

ついにずっと暮らせるお家と家族が出来てゴールとなりました。

 

エイズキャリアというだけでこんなにもハンディを負う事を

改めて痛感、Tさんにとっても色々辛い事もあったと思います。

 

エイズキャリアで注意したいのが口内炎。

うちも4頭の口内炎持ちがいて

餌も思うように食べれなかったり

何より可哀想なのは

猫がリラックスするためにする大好きな

毛繕いもできなくなり、

大きなあくびも痛くて出来ない姿は見ていて可哀想です。

 

猫も寿命が延びて高齢化しているので

これからはエイズキャリアでなくても

口腔ケアは長生きの秘訣になると思います。

 

うちではこの2つで4頭にケアしています。

乳酸菌と善玉菌を使ったケアで

猫の口に入れるだけです。

 

乳酸菌はチャコママから教えてもらった物で

善玉菌は病院の先生の勧めで購入

どちらも2千円から3千円位。

日頃から口を触らすようにしておくのが良いです。

 

ももちゃんは家族みんなに愛され大切に育ててもらい

お父さん手作りのキャットタワーも制作中でした。

 

 

Tさんと私にお土産まで頂きました。

 

その後Tさんと食事しながらももちゃんの今日までの道のりを

振り返り話しました。

Tさんはボラ仲間ですが本当によく頑張ったと思います。

何度か泣いた事も聞きました。

Tさんが辛かった気持ちはわかってたから今日という日が来た事が

事が本当に嬉しく思いました。

そんなTさんから猫の缶詰を沢山差し入れ頂きました。

 

ももちゃん幸せ掴みました。

 

 

 

 

 

| ねこのてファミリー | 17:21 | - | trackbacks(0) | pookmark |
まるちゃんからサン太へ 正式譲渡になりました

 

昨年12月11日夜7時過ぎ

この日は寒波でみぞれが降ってる中

2年前より捕獲に何度も失敗していたメスの捕獲を再開した日で

捕獲器設置を遊歩道でしている最中に

何か足元にまとわりつく物に気づくと黒猫。

こんな寒い中、氷のようなアスファルトに佇み

捕獲器に入れる缶詰とカツオ節をねだって私から離れない。

そうこうしていると、本命のメス(あけみ)がやって来て

異変に気づき、足早に去って行きこの日は捕獲失敗。

 

やれやれ、この黒ちゃん、若いオスだけど

餌やりさんに聞くと夏頃からこの遊歩道に居ついた

捨て猫らしい。

とにかく他の猫を捕獲するにも私に懐いてまとわりついて

離れないので一旦私の車に入れる。

となれば、もうTNRか里親さがし。

 

で保護したのがまるでした。

 

12月15日に手術。

血液検査も異常なし。

まだ生後数ヶ月の子猫でした。

 

それから里親探しを始めました。

顔が丸いからまるちゃん。

性格はタフでポジティブ、運動能力も抜群。

だからあんな場所で数ヶ月も生きてたのだと思う。

 

何度か声もかかり、1度はトライアルも行ったものの

ずっとのお家は

なんと、まるを預かりボラして下さってたキュピちゃん家族宅に。

 

お父さんに見初められ

12月24日に行ったからサン太になりました。

気に入られた理由は

お父さんの激しい愛情に応えられる適応力があったから(笑)

人間の赤ちゃんのように

「たか〜い、たか〜い」もできる子だったから。

 

の、はずだったのに・・・

 

サン太の甘えっぷりは最初だけだったようで

ここが安心できる場所だとわかったのか

日に日にそっけなくなり、今では普通の子になりお父さん的には

「あの最初の甘えっぷりはなんだったの?」

のような、ちょっと騙されたような

サン太の作戦にやられた感が否めない感じ。

サン太なりに、ここの子にして欲しくて甘えてたのかも。

 

そんなサン太ですが

今でもお父さんと仲良く過ごしています。

 

先住キュピとも月齢も同じ位で

兄弟のように仲良くしています。

 

仲良し兄弟のようです。

 

 

サン太 幸せに暮らしています。

 

 

| ねこのてファミリー | 10:39 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ご無沙汰でした

ブログ更新がなかなか出来ず

周囲からは、もしかして死んでるのでは?と

生存確認電話なども頂き

ご心配おかけしました。

 

この1ヶ月も5匹の子猫の譲渡や、

TNRの補助、捕獲器貸し出しや子猫を保護した人への里親探しの

手伝いなどもしつつ、

うちの猫の体調不良や

全員ワクチンへ連行など忙しい中

花粉症が重症化して喘息になり頭痛でしばらくメールの返信も

できないままでした。

 

そんな中、ゴーヤ家族からのホームセンターで猫の缶詰が

激安になっているという報告には俊敏に動きワゴン内ほぼ全て

買い尽くし、ゴーヤばぁばから

ワゴン内にあった高級缶詰を買おうか悩んでたら

さっと取ってレジで支払いプレゼントして頂きました(嬉)

ゴーヤばぁばカッコよかった!

私もこんな風にしてみたい。

 

しばらく滞ったままでしたが

明後日日曜日には、トライアル中のももちゃんが正式譲渡に

なったので訪問予定です。

 

 

 

 

| 私のこと 思うこと | 16:34 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ももちゃん トライアルに行きました

 

昨年より里親募集中のももちゃん

今月にご縁ありようやくトライアルになりました。

現在のももちゃん

 

保護時の様子はこちら

 

本当ならもっと早くに里親さんが決まったかもしれない

ももちゃんですが色々ありました。

 

保護時にはわからないけど健康診断でエイズキャリアでした。

恐らく母子感染。

数ヶ月後の再検査も同じく。

真菌で譲渡会参加もしばらく出来なくなり

うちに居たのを一旦再度今治へ移り、小さな時を保護小屋で

独りで過ごす日々になりました。

 

不妊手術も済ませ真菌もようやく完治。

 

譲渡会へ再デビューとなりました。

 

エイズキャリア

というだけで譲渡に苦労してしまったももちゃん。

 

エイズキャリアの子がエイズを発症する子はごく少数だと思います。

ほとんどの子は発症しないまま他の病気で亡くなる事が多いです。

うちにも現在5頭のエイズキャリアがいますが

恐らく発症しないまま、他の子と同じような猫生を送っています。

 

今回はエイズキャリアという事も含めて理解して下さった

ご家族にご縁がありトライアルになりました。

ももちゃんのようなハンディを負った子って

ほとんどの人は見向きもしてくれませんが、

迎えようとして下さる家族は良縁が多く

幸せになれる子が多いです。

 

ももちゃん頑張れ。

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 09:28 | - | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/108PAGES | >>