CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
保護のお手伝い

 

4月21日

敷地へ来る猫を不妊手術して家に入れて飼いたい

けど捕まらない。

という市内Iさんからの相談でした。

詳しくお聞きすると、姉妹で、しばらく前に

交尾を確認しているとの事。

 

猫は交尾すると100パーセント妊娠します。

 

早く手術しないと胎児が成長してしまいます。

触れないので捕獲器貸し出し、捕獲器で保護。

 

無事2頭とも不妊手術終了。

 

馴れてないので突然家にフリーにしたら

逃げ回り間違いなく脱走します。

ケージを用意してくれて

しばらく慣れるまでケージ暮らしになりました。

 

黒 やまとちゃん

サバトラ ふじこちゃん

 

まだ若い姉妹です。

 

まだまだ慣れるまで時間かかりそうですが

もう外暮らしのホームレスではありません。

 

Iさんが行動を起こさなければ

ここでも2頭が出産し望まれない命が生まれていました。

 

やまとちゃん、ふじこちゃん

良かったね。

 

 

以前に何度もあったケースですが

当事者が餌を与えていた野良猫を不妊手術をし

家で飼い猫にするという事でお手伝いし

せっかくケージまで貸して

絶対慣れるまで出さないように!と

釘さしているのに

「出さないと可哀想」と自己判断で勝手に出して

窓から外に出て居なくなったんよ〜。

という件、1度や2度でないんです。

だから口うるさく言ってるんですが

理解してもらえません。

 

成猫生粋野良猫を家へ迎える時は

安易な考えでは必ず失敗します。

必ず想定外な事が起こります。

猫だって必死ですから。

覚悟して容易周到で迎えてあげて下さい。

 

やまとちゃん、ふじこちゃん 幸せに。

 

 

 

| ボランティア活動 | 07:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
突然届いた手紙

 

 

 

今年1月にある里親さんより

この後里親さん宅へ行き話し合い猫を連れて帰りました。

 

話によると体調不良で精神不安定になり罪のない猫に

殴る蹴るの暴行を行い、挙句には袋に入れて捨てに行ったけど

猫が擦り寄り逃げなかったからまた連れて帰ったと。

 

ここまで聞かされるともう私に連絡して来た事が

せめてもの救いとしか思えず、

「連絡頂きありがとうございました」しか言えなかった。

 

譲渡の際にはその人の事などほとんど知らない状態で

ただ、譲渡条件を満たしていれば前向きに話しはします。

保護し大切に大切に育て、絶対の幸せを約束して譲渡しても

こうなるのです。

この件は幸い知っただけで私の知らないだけで、不幸になって

いる子もいるかもしれません。

 

この子の保護した時の様子

 

約4年ぶりにうちへ帰って来ました。

最初は怯えてたけどだんだんと落ち着いてきました。

私の人選ミスにより、毎日殴る蹴る壁に叩き付けられ

私の罪は重いです。

この子の今後を考え、新しく里親さんを捜すのではなく

今までお付き合いのある里親さんの中で検討し、

信頼関係のある方の中で

レモンちゃんの里親さんYさんご夫婦へ全て話し相談させて頂きました。

今はレモンちゃん宅で暮らしています。

本当に感謝でした。

お届けしてから毎度の事でそのままになってますが

それだけ安心してお任せできるYさんにお願いしています。

そろそろ訪問を考えていますがきっと幸せに暮らしてるはず。

 

うちの子と私に頂きました。

パイ、とっても美味しかったです。

ありがとうございます。

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 09:20 | - | trackbacks(0) | pookmark |
滝の宮公園に遺棄された3匹の子猫

 

先月、滝の宮公園で子猫を3匹保護した

外国人の方から相談を受けました。

話を聞くと、滝の宮公園で目の前で男性が子猫3匹を放り出し

いきなり捨てられた子猫達は戸惑い人懐っこいので

人に擦り寄ろうとしているのを老人が頭を蹴り上げていたのを

目撃し、Rさんはすぐに3匹を自転車のカゴに入れ

遠い家までの道のりを歩いて帰ったとの事。

 

しかし、Rさんの住居はペット不可の物件。

早くこの子達をどうにかしなければいけないとの事でした。

まだ日本に来て半年近くで何もわからず、交通手段もないRさん、

母国の愛護シェルターのような感覚で連絡してくれましたが

「残念ながら引き取りは出来ない。里親探しのお手伝いはする」

との事で了解を得ました。

Rさんの母国では資金力のある大きな愛護団体が沢山あり

引き取り保護をしてくれるのだそう。

ドネーション文化が浸透しているので分け合う事が普通になっている

国と日本では規模が違います。

 

ここからが驚きの展開でした。

Rさん、私の説明した通りの事を全て行ったのです。

遠い動物病院まで電車やバスを乗り継ぎ

健康診断へ3匹とも自身で連れて行き、

里親募集の記事を作成、友人に協力してもらい譲渡会場へ参加、

不妊手術まで終了させました。

Rさんが交通手段がないのも知っていたので

途中から協力しようと思ってる矢先にどんどんと

事を進めて行ったのです。

 

そして3匹とも縁あって家族が見つかりました。

かきちゃん (西条市の家族へ行きました)

 

Rさん、3匹を保護しとても大変だったけど

無事ゴールまで自分で繋げました。

 

もし、異国でこんな事に遭遇したらここまでできるのだろうか?

子猫を遺棄している事も、子猫の頭を蹴っている事も

日本人として悲しいです。

最後まで責任持ってやり遂げたRさん、すごいです。

 

よく、OOに子猫がいます。助けて下さい。

   OOにいる犬を助けて下さい。 などと連絡ありますが

助けるのも助けないのも、あなた、自分です。

他の人に振る問題ではないのです。

自分が責任持って助けるというのなら、できる事は協力します。

 

 

動物の遺棄(捨てる行為)は犯罪です。

見つけたら警察に通報して下さい。

 

 

 

| ボランティア活動 | 16:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ももちゃん トライアルに行きました

 

昨年より里親募集中のももちゃん

今月にご縁ありようやくトライアルになりました。

現在のももちゃん

 

保護時の様子はこちら

 

本当ならもっと早くに里親さんが決まったかもしれない

ももちゃんですが色々ありました。

 

保護時にはわからないけど健康診断でエイズキャリアでした。

恐らく母子感染。

数ヶ月後の再検査も同じく。

真菌で譲渡会参加もしばらく出来なくなり

うちに居たのを一旦再度今治へ移り、小さな時を保護小屋で

独りで過ごす日々になりました。

 

不妊手術も済ませ真菌もようやく完治。

 

譲渡会へ再デビューとなりました。

 

エイズキャリア

というだけで譲渡に苦労してしまったももちゃん。

 

エイズキャリアの子がエイズを発症する子はごく少数だと思います。

ほとんどの子は発症しないまま他の病気で亡くなる事が多いです。

うちにも現在5頭のエイズキャリアがいますが

恐らく発症しないまま、他の子と同じような猫生を送っています。

 

今回はエイズキャリアという事も含めて理解して下さった

ご家族にご縁がありトライアルになりました。

ももちゃんのようなハンディを負った子って

ほとんどの人は見向きもしてくれませんが、

迎えようとして下さる家族は良縁が多く

幸せになれる子が多いです。

 

ももちゃん頑張れ。

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 09:28 | - | trackbacks(0) | pookmark |
飲み屋街のTNR

 

 

一昨年の年末に始めた飲み屋街のTNR

トラバサミにかかり断脚したイブちゃんの里親Iさんの

協力で始めました。

2016年12月6日捕獲、8日手術、翌日リリース

前回紹介したおかあちゃんの居着く場所にいる

この子もおかあちゃん。おかあちゃん2。

この子の子供は3匹育ち私が行った時にもいた。

車の通りが24時間多い県道の脇が住家。

居酒屋の人の話では、道の向かいにも餌やりがいて、

道を行き来してほとんどの猫は交通事故で死んでいるらしい。

この子猫3匹は生後3ヶ月位で道の脇で餌をもらって食べていた。

保護したいけど人馴れはしていなく

キャパがあれば保護したいけど断腸の思いで手を出せないのが悔しい。

 

てんちゃん

とても人懐っこい。

 

しんちゃん

てんちゃんと姉妹。

この子も同じ場所に居着いている姉妹。

この子達の母親も前の道路で交通事故で死んだらしい。

生後半年余りのこの子達、

すでに1頭は妊娠していた。

 

今回、助成を使ったのでいつもとは違う指定の病院で

不妊手術をする事となった。

妊娠もしていない普通の不妊手術の傷跡。

ガタガタな傷跡は10センチ、伸ばすと12センチにもなっている。

 

たまたまこの子達が人馴れしていてお腹を見る事が出来たので

発見できた事だけど、これはどういう事なのか?

何の説明もなかった病院に説明を求めると

「体脂肪が多くてこうなりました」って。

痩せたガリガリの野良猫でまだ子猫。

その後、行きつけの病院で傷跡の処置をしてもらったけど

この手術跡には言葉も出ない。

どうしたら妊娠もしていない通常の不妊手術で

こんな事になるのか。

通常なら2〜3センチで済むはずをこんなに切られると

痛みも回復も数倍、猫に負担がかかってしまうのに。

この子達は、温かな清潔な環境もなく、手術後には

また寒い外でホームレス暮らしになるのだから

手術はできるだけ猫に負担の少ない信用できる手術でないと

不安でリリースも出来ません。

野良猫だからこそ、信用できる腕の確かな医師に執刀してもらいたい。

 

しかし、こんな酷い手術もうけた翌月、

この姉妹も目の前の道路で交通事故で短い猫生が終わりました。

長生きして欲しくて行うTNRも

居着いている場所や環境で本当に辛い現場が

沢山あり心折れそうになります。

でもいつも前向きにやるしかない。

 

安らかに。

 

 

 

| ボランティア活動 | 13:50 | - | trackbacks(0) | pookmark |
TNRお手伝いの依頼

 

一昨年の繁華街TNRの時、Kさんと出会いました。

TNRをする時には猫の頭数、餌やりの数、場所、

猫の行動範囲を数日かけて調べます。

猫の尾行、猫の居着きそうな場所の調査

人への聞き込み調査、これを出来るだけ最初に

しておかないと手術などの予定、予算が立ちません。

 

繁華街の猫集団のビッグマザー(何度も出産し、子供が沢山育っている)

の聞き込みで訪ねたのがきっかけでした。

Kさんの庭にも沢山の野良猫が出入りしていて

手術したいけど捕まらず、

困られていた時に現れたのが私でした。

しかも、私と出会う少し前にご自身で何とか頑張り

メス1、オス1を手術していたのです。

何より嬉しくありがたい事でした。

 

そしてその手術したメスはKさんの庭から居なくなり

繁華街へ宿移りし、

そのメスのお母ちゃんを、捕獲したのが私でした。

 

猫は複数の餌場を持っている事があります。

このお母ちゃんを捕獲した時、

耳がカットされていたので、飲み屋の餌やりさんに

耳カットの事を聞くけど、

「喧嘩の傷だと思う」と言うし、

「子猫も最近産んでいる。手術はしていない。」

と言うので病院へ。

 

麻酔をかけると、手術の時に剃ったお腹の毛もまだ生えてなく

はっきりと手術跡が。

手術中止になりました。

そしてその事をKさんに伝えると

Kさんが少し前に手術していた子でした。

 

猫だから話してくれないからいつも推測でしか

判断できず、おかあちゃんには気の毒な事をしました。

 

夜捕獲した時

耳カットあるけど、この悪環境の場所で

まさかさくら耳とは思いませんでした。

 

おかあちゃん

私のTNR記録ノートではマキちゃんって名づけてた。

おかあちゃんはとても賢く良い子でした。

 

Kさんに確認してもらうと間違いなく

Kさんが手術し、リリース後に姿を現さなくなった子でした。

名前はおかあちゃん。

おかあちゃんの子供がKさんの庭にいました。

それからKさんと庭の野良猫ちゃん一斉TNRの計画が

始まる事になりました。

 

私に会う前にとても苦労されて手術してくれてた

Kさんと出会えた事がここでのTNRを始めて励みになる事でした。

 

つづく。

 

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 23:38 | - | trackbacks(0) | pookmark |
昨日のねこの日

 

長期型ステロイドを3ヶ月に1度注射しているミント

 

12月に打ち、まだ3ヶ月空かないけど口内炎が痛くて

餌が食べられないので一昨日まだ3ヶ月経ってないので

良くないけど打つ事に。

翌日から調子が戻り食欲出ました。

 

昨日のねこの日は、特別な事はしないけど

いつもタマコにしか与えない缶詰をみんなに与え

みんな「こんな美味いもん、あるんや〜」みたいに

がっついてました。

 

市役所ロビー展も今日までです。

 

多くの人に知ってもらいたい現実

 

これを準備している時に1人の男性が見て

「新居浜は猫が多いという事なんか?

多いけん、処分数も多いんか?」

と聞かれたので、

「新居浜市だけが特別猫が多いという事ではないと思います」

と答えると

「ほんなら、新居浜市民のモラル意識の問題なんじゃのう」

と男性からおっしゃったので

「そうですね」

しか答えようがありませんでした。

 

自分達が住んでいる地域からできる事を考え

始めていきたいですね。

 

フリマ会場で一緒になってから度々物資支援頂いている

市内のF田さんより、毛布などマット類とご寄付を

頂きました。

 

ずっと支援して下さっている今治市のI田さんから

ご寄付を頂きました。

 

すべてTNRの不妊手術の費用に充てさせて頂きます。

 

ありがとうございました。

 

 

 

| ボランティア活動 | 11:33 | - | trackbacks(0) | pookmark |
市役所ロビー展 2月19日(月)〜23日(金)まで

 

今年もねこの日を挟んだ週に市役所ロビー展します。

 

始めよう地域猫活動

〜野良猫による被害、苦情、殺処分を減らすために〜

 

が今年のテーマです。

 

地域猫のススメ、ロビー展始めて4回目。

愛媛県内では地域猫もようやく浸透し

始めてる地域もありますが、

新居浜は何の反応も無し。

ねこのてが行ったTNRは、2012年10月から今日まで

合計247頭。

メス147頭、オス100頭。

オスの100頭目ってどの子だったんだろう?

多分昨年秋頃の子かなぁ。

調べて100頭目記念に高級缶詰でも持っていこうかな。

 

これ、全て私が直接病院へ連れて行って手術し、リリースした数。

5年余りで247頭。1年間に約50頭。

餌やりのいる地域での

集団TNRも公共施設も含め十数か所になるも

猫の引き取り数も殺処分数も

県内ワースト1位。

 

やる意味あるのか?時々考えてしまうけど

やり続ける事が大事だと思い

今年は地域猫、TNR

不妊、去勢の重要性1本に絞りました。

 

毎年地域猫と同時に、新居浜のさくら耳猫写真展や

ペット防災展などしてたけど今回は両面地域猫一色です。

 

ボード4枚両面全ての内容がほぼ

不妊、去勢手術の必要性、地域猫、TNRと

貼りながら自分でもクドイ位同じ内容を何枚も貼ってるな〜

と思いながら貼りました。

しつこい位、不妊、去勢と貼ってます!

 

今年は頼もしい助ッ人、チームKにも協力得られて大満足の内容です。

Kさんに依頼すると私が伝えなくても私が「こうしたい」と

構想している以上のものをいつも用意して下さり感動です。

もなか&あずきファミリーのお兄ちゃんの自由研究

「ねこのひみつ」も展示中。

(ここでも不妊、去勢の重要性を発表)

もう本当にしつこく、どこ見ても不妊、去勢、TNRまみれです。

 

数年前に新居浜市内で保護された6兄弟

 

この子達を見て癒されますか?

廃材の中で必死で生きてる子達です。

 

不幸な子を増やさないためにも

市役所ロビー展、

チラシ、パンフレットも大量に置いてます。

周囲の人に配れる人は多めにお持ち帰り下さい。

 

 

2月22日はねこの日

この世の全ての猫が幸せでありますように。

 

 

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 08:19 | - | trackbacks(0) | pookmark |
不妊、去勢手術補助金 署名活動締め切り延期

 

昨年秋より署名活動していた

犬、猫の不妊・去勢手術補助金制度設置要望署名活動

締め切りを延期になりました。

 

先月末まででしたが

3月末まで引き続き署名募集しています。

 

不幸な犬、猫、

殺される為に産まれる子猫を減らすには

蛇口を閉めるしかありません。

 

不妊、去勢手術です。

 

愛媛県内での猫の保健所への引き取りワーストランキング

1位の新居浜市。

 

できる事から始めていきましょう。

 

| ボランティア活動 | 03:32 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ミカ母さん 闘病中

 

今年に入り、お正月明けの寒波頃からまた調子が悪化。

もう10日以上何も食べられなくなりました。

やっと食べれてた金缶ももう食べれません。

 

年末には、ちびぶん家族がミカ母さんに冬用ハウスをプレゼント

してくれたけど、長く使っている夏用(ちびぶん家族からのプレゼント)

が落ち着くようでその中に電気マット、毛布、湯たんぽを入れて

こうしてずっと入ってます。

ここからずっと私を見ています。

 

数日前はまだ目に活気があったけど

今は塞ぎがちで前より顔もしんどそう。

温度管理もしていたつもりが、鼻水で鼻がつまり、匂いで餌を

食べられなくなったのが原因なのかわからない。

今年に入って、排便も1度もしていない。

食べてないから出るものがない。

毎日病院へ行ってるけど、2.3キロで体重の落ちが止まった。

もう脂肪は全くなく、骨と皮の重量が2.3キロ。

元気な時は5キロを超えてたのに。

ミカ母さんは大きな猫なので1キロ代にはならないみたい。

自宅点滴も4種類を用意しその日の具合で2種類を入れてたけど

もう骨と皮で針が入らなくなった。

サプリも水素水もできる事は全てしたかな。

あずきちゃんママに教わった、おまじないもした。

もうミカ母さんがしんどいならこのままそっとしてあげたいと思う。

だけど、私の勝手な解釈かもしれないけど

母さんはまだ諦めてないように見える。

大きな目でずっと私を見ている。

ミカ母さん頑張ってます。

 

先日、にゃんこママから金缶の差し入れ頂きました。

また食べれる日が来ますように。

 

 

 

 

| ボランティア活動 | 21:46 | - | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/27PAGES | >>