CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ステテコの家
幼少期に里親さんとの相性が合わず
譲渡になってたものの出戻りしたステテコ。
うちでもどの猫とも上手く出来ず
トイレの掃除や餌を与える事すらままならぬ気まぐれ
凶暴、臆病な性格でステテコを部屋でフリーにする事は
他の10匹+人間に支障が出るので
しばらく3段ゲージで様子を見るけど
元々持った性格はそう簡単には修正出来ず
うちには一部屋をステテコに与えてあげれる部屋もなく

作りました。

アイリスオーヤマのPEC−903のケージを
2つ合わせで真ん中を外し外した部品を接続部分に
くっ付けて補強しました。

工作が大の苦手で簡単な物すら作る事が出来ないのですが
ステテコの今後を考え意を決して作りました。
結局は不器用さを見るに見かねた夫が作ったんですけど。

これで少しは自由に動く事が出来て
私も世話の時に攻撃される事が減りそうです。

一番上の段では伸び伸びと寝るスペースも出来ました。
何より一番考えていたのが
命の質。
動物をただ生かしているだけの状態は不本意だけど
このままでは社会不適合者として隔離しかなく
そんなステテコでも気分の良い時は
夫にだけ甘えるらしい。
(私はそんなステテコを知らない)
とりあえずこれでしばらく様子を見る事にしました。

今日もステテコは何にもないのに唸りながら
怒り柵の隙間から攻撃しています。



 
| うちのこと | 11:18 | - | trackbacks(0) | pookmark |
夕(ゆう)ちゃん
6年前の今日の早朝、ゆうちゃんは旅立ちました。

ゆうちゃん(コーギー)がうちへ来たのは5月18日、
たった1ヶ月しか一緒に暮らす事ができませんでした。

ゆうちゃんと出会ったのはホームセンターの中にあるペットショップ。
売れ残って大きくなった犬を店の駐車場でどれでも1万円バーゲンセール
していた中にゆうちゃんはいました。
お店の人の話ではオープン時に仕入れてから売れ残り
ずっと裏の倉庫に5年以上いるとの事。
とても綺麗な目をしているゆうちゃんを見て一目ぼれしました。

連れて帰り、夫が早速ゆうちゃんに家を作り
これから今までの5年間を取り戻せるような暮らしを
させてあげたいとゆうちゃんとの暮らしに夢が膨らんでました。

ゆうちゃんはとてもお利口で庭を自由に駆け回り
いつも私のそばに寄り添い
夫が作った小屋を自分の部屋だとすぐに察知し
嬉しそうに自分から小屋に入って寛いでました。
毎日森の中のため池まで散歩に出かけました。


ただ、5歳とは思えない程、歯はボロボロでした。
ペットショップの倉庫では水は与えられず、
フードを水でふやかした餌のみ与えられていたようで
歯石が溜まり、歯槽膿漏で堅いフードは噛めなく
飲み込んでるようでした。
ワクチン、フィラリア薬をもらいに病院へ行った時
歯石除去の予約を入れ、その日までなんとかゆうちゃんに
我慢してもらってました。
そんな頃からゆうちゃんに異変が起こり始めました。
どこが痛いのか分からないけど急に悲鳴をあげるようになり、
病院へ行っても原因が分からず
それが頻繁に起こるようになり、以前は大好きだった
散歩も途中で呼吸が激しくなり、ご飯も食べたり食べれなかったり。
病院を変えても原因は分からず。
どんどん衰弱していく姿に、夫は小屋を改造してスロープを
付けたり私は藁にもすがる思いで遠くの病院へ行ったり
民間療法など思いつく事は全てしました。
ゆうちゃんを買ったホームセンターに現状を話すと
「全く思い当たる事はない」との事。
ついにゆうちゃんは立てなくなり入院。
毎日会いに行く度に容態が悪くなっているのが見てわかり
「もう、あかん」の夫の言葉で
点滴などの機械全てを借りてゆうちゃんを連れて帰ることに。

ゆうちゃんがとても気に入っていた小屋をまた改造して電気と
コンセントを付けゆうちゃんを寝かせ
灯りと点滴の装置を付けて夫と交代で夜中もゆうちゃんの
そばにいました。
ゆうちゃんは横たわりとても綺麗な目でずっと私を見ていました。
一晩ゆうちゃんのそばにいた日の朝、静かにゆうちゃんは旅立ちました。


最期の日のゆうちゃん 

出会ってから別れまで1ヶ月の出来事でした。
これからゆうちゃんにしてあげたい事をいっぱい計画してた矢先でした。
この子は何のために生まれてきたんだろう・・・
青森から愛媛に来て5年もの間倉庫のケージに入れられたまま過ごして
いたのにあんなにも人間を慕い甘えてきてたゆうちゃん。
最期まで澄んだ目をしてたゆうちゃんを忘れられず
ゆうちゃんの事を諦めきれず血統書を見ると
ゆうちゃんは青森県の八戸市からわずか生後1ヶ月で愛媛県に
来ていました。
ゆうちゃんは青森から東京のペットの競り市に出され、ゆうちゃんを
買ったホームセンターのオーナーが東京で仕入れてきた事も
後から分かりました。
東京の競り場ではもっと小さかったと思う。
まだ乳飲み子の小さな時に親、兄弟と離され遠く愛媛まで来て
5年もの間、外の空気も吸う事もなく倉庫で狭いケージに
入れられたまま生きてきた事を思うとまた悲しくなり
ゆうちゃんの死をどうしても受け入れる事が出来ずにいました。

翌年、夫と車で青森県八戸市まで行きました。
軽四で走り続けて24時間以上かかりました。
地球の反対側に行くのでもこんなにかからないんじゃないか?(笑)
どうしてもゆうちゃんが生まれたところへ行きたくて
ゆうちゃんを出荷した八戸のペットショップへも行きました。
どうするわけでも、何かを求めてるわけでもなく。

後日、八戸のペットショップから連絡があり、
ゆうちゃんの母犬が出産をした。高齢のためこれが最後の
出産になるから良ければ子犬を譲ると。
写真を見るとゆうちゃんに似てて耳が大きく目がまんまる。
とてもかわいい。ゆうちゃんにそっくりでした。
毎日毎日悩んだけど天国のゆうちゃんはそれを望んでいない気がした。
ゆうちゃんの兄妹を迎えるならゆうちゃんと同じ境遇の子を
迎える事をゆうちゃんは望んでいるような気がして断りました。

6年経ってもこの時期になると毎年ゆうちゃんの事考えてる。
生まれ変わったら回り道せずうちへ来て欲しい。







 
| うちのこと | 20:45 | - | trackbacks(0) | pookmark |
梅雨ですね

M鳥さんからいただいた大きな綺麗なうめ
あま〜い いいにおい


真夜中のうめジャム作りでストレス発散

いつもは面倒で適当にあくを取るけど
今日は徹底的にあくと戦い取りきった!

が、この後ちょっと油断してた間に焦がしてしまい
茶色のうめジャムになってしまった。
味は悪くないから家で食べるには十分。


毎日ヨーグルトに入れていただきます。

 
| うちのこと | 08:29 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ダンボール工作のススメ


ども♪
ねこのて 春間近うれしい こり である。


みなさん、
爪とぎはどうしてます?

普通のダンボール爪とぎは、
くずが飛び散って、掃除が大変!

そんな時、
飛び散らないように、
爪とぎハウスがおすすめじゃね。


複数猫も居れば、買うのも予算的に?と思うので、
ここは、
要らなくなったダンボールで工作を。





初期のパナホーム?

入居猫はうち猫の「げん」
もちろん、
床はダンボールの爪とぎ敷いておる。
当時は2匹だけだから、
よく使ってくれたよ。


猫人口が増え、
ハウスも傷んできたので、
少しばかりリフォームをする。



こんな感じだ!



入居猫は「むぎ」



入り口はクラフトテープ折り曲げ、
あご乗せマット?を動かないように固定。

仔猫が入居すれば、
所々傷みも激しい。成猫でも痛むのだが・・



またまたリフォームする。
右側のは爪とぎハウス2号、第一岡本ハウスだ!
岡本はじめさんのカレンダーを再利用して作った。




2号も中は悲惨・・汗





2階建てに増築ですわ。w

入居猫は「キキ」と「ひめ


しかし、
きれいになった1階部分は使ってくれるが、
2階部の入居率が悪いので、
直ちに3回のリフォーム。




冬ということもあり、
中には使わなくなったジョイントマットを敷き詰める。
もちろん両面テープではがれないようにする。



入居猫は「はる


2階は外壁を貼り付け、
センスの無いテープ貼りも施し、
キキぬいぐるみも落ちないように固定したよ。w








相変わらず、

2階の入居猫は居ない・・・(´・ω・`)ショボーン・・



むしろ、誰も入らなくなる・・・・汗




これから暖かくなるし、
次のリフォームをそろそろ考えないと・・・


           避難猫は「あいちゃん

こちらは第二岡本ハウスだ!w
窓に補修のあとがあり、古屋風を醸し出す。
しかし、
こちらは爪とぎは入れず、
運動会の避難所みたいに使用している。


やっぱり、
爪とぎは
コレがいちばんよく使ってくれる。



これならくずが飛び散りにくい。

でも、
愛猫とのスキンシップのためにも、
皆さんもダンボール工作楽しんでくださいね。w




 
| うちのこと | 17:12 | - | trackbacks(0) | pookmark |
はるですね

ども♪
ねこのて 久しぶりのこり ですわ。
3月も半ばに入ろうとゆうのに、
今日は気温が上がらず冷え込みましたな。

さて、
昨年も今時期、
記憶に新しい?この子・・・はる


                   下はドロン

我が家でまったりしとります。



そろそろ2歳です。




巷では発情期ですな。

ですが、
毛の生え変わりが始まる時期でもある。
服にじゅうたんに・・抜け毛がたくさんですね。


みなさん、

犬も猫も、

まめにブラッシングしてあげてますか?






             ふぁ〜みね〜たぁ〜アタック!
       注・ファーミネーター=ブラッシングツール
                 ニセモノに注意してください。


ドロンがブラッシングしてくれます。ウソw


スキンシップは大事ですよ。
ではでは。
 
| うちのこと | 21:13 | - | trackbacks(0) | pookmark |
薪ストーブ
うちは築86年の古民家です。
夫がほとんどを1人でリフォームして増築して
生活の場は狭いながら動物達と暮らしています。
場所は新居浜市が見渡せる山裾で
南の山が太陽を遮り日照時間も少なく冬は寒いです。
ですが、部屋の真ん中にある薪ストーブ。
これが本当に暖かいんです。
家の中で焚き火しているのと同じです。
遠赤外線の効果で薪ストーブで暖まった体は
外へ出てもしばらく暖かいんです。
体の芯から暖まります。

みんな薪ストーブ&ホットカーペットでまったり



火力を上げるとネコの体も伸びてきます。

薪ストーブうちのネコ達にも大人気です。


 
| うちのこと | 21:27 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ウチねこ宣言

ども♪

だいぶ前に、
途中経過にゃんずシリーズで発信していた、
キキとひめ。
すぐそばに寄って、
くつろいでくださる事多しも、
それ以外は以前と変わらず。
引きこもりから3年近くかかって、
この先やっと馴れれば、
感慨もひとしお。
情も移り、
ゆえに我が家より出るのはならぬ。










そして、

昨年に保護のはる
我ら寝ようと床に入る寸前に、
おもちゃを咥えて持ってきては、
目の前に置いて遊んでとせがむ。
その姿は、
まるで主を待つ健気な犬みたいな。
情にほだされ、
ゆえに我が家から出せぬ。







合わせて3匹、
ウチねこ宣言します。
こり家の猫となります。
里親募集は終了します。
ご覧いただき、
ありがとうございます。






| うちのこと | 21:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
たぬき
1月7日
朝、夫が「庭でタヌキが死んでいる」と。
???
「タヌキって何?ネコ?」
訳分からない返事しながら庭へ行くと柿の木の下で
大きなタヌキが死んでいた。



後ろ足がなかった。
罠にかかって壊死してしまったのだろう。
たぶんこの怪我が致命傷になり
山から下りてきてうちの庭で息絶えたのかもしれない。

とりあえず「ぽんちゃん」と名づけ
うちの共同墓地に埋めた。

ぽんちゃん 安らかに。



 
| うちのこと | 16:04 | - | trackbacks(0) | pookmark |
トイレリフォームしました
多頭飼育となるとトイレの数も半端でない。
現在うちでは合計9つのトイレ、6箇所あります。
そのうちのドミトリーにある
一番大きな集合トイレをリフォームしました。

2段トイレにしました。
それと、壁に穴を開け換気扇をつけました。

下の段

上の段
ウンチ取り袋も常時ぶら下がってます。
どうしても紙砂派が1頭いるので1つだけ紙砂トイレです。
換気扇かなり効果大です。

今年初めには高性能の空気清浄機も2台買いましたが
やっぱりこれだけ猫いると動物臭は改善されてても
汚物臭までは思った程効果なかったので
ついに夫が家に穴を開けました。

外側の様子
この筒の中ににゃんこ達のくっさーい臭いを吸い込み
屋根まで持っていってます。

しかし最近ベランダにトイレを置いてから
ベランダのトイレが開放感いっぱいで大人気となり
ほとんどここのトイレは使われなくなりました。

だんだん家が猫仕様になってきている我が家です。



 
| うちのこと | 16:43 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ルンバちゃんがやってきた
毎日毎日忙しく過ごし
猫の手だけは余る程あるが役にもたたず、借りるどころか
邪魔しかされず、ついにお掃除家政婦ルンバちゃんを
迎える事となりました。
以前から検討していた時にタイミング良くテレビで
いつもの早口で喋るカン高い声のおじさんが
「限定250台、なくなり次第終了!」
「分割15回まで金利無料!」
と叫んでいるのを見て
気づいたらフリーダイヤルへ電話していました。
そして週末我が家へやってきたルンバちゃん、
説明書見るが初期設定など、賢いルンバちゃんに
私の頭がついていけず諦め、夫が帰宅するまで箱の中へ。
そして初出動!

ジーーッと距離置きながら尾行してます。


隅々まで何度も何度も丁寧に掃除してます。

気にはなるけど上に乗る勇気はまだないようで
ずっとトコが尾行してます。
遠くの小麦は
「もう、うるさくて寝られないわ〜」ってな感じ。

このルンバちゃん、想像以上の働きをしてくれています。
お掃除終わったら自分のお家(充電器)へ帰ってくるんだけど
1時間位色んな所を動き回り一生懸命働いてます。
そして、自分で帰って来る姿がまた可愛い。
何にも役に立たず抜け毛を巻き散らかしている猫達とくらべて
なんてお利口さんでしょう!
感激しました。
うちへ来たルンバちゃん休みなく過酷労働強いられてます。
 
| うちのこと | 16:43 | - | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 3/6PAGES | >>